アメリカで住居の購入する方法を細かく紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アメリカに移住して、住居を購入したいけれど何から始めたら良いのかわからないという人もいるでしょう。住居の購入となると、日本ではもちろんのこと、海外で購入する場合には、現地の住居購入の仕組みを理解した上でスタートすることでうまく立ち回ることができます。

日本では、住居を購入する際には「ローン」を組んで住宅を購入します。アメリカでもこのローンのようなシステムはあるのですが、アメリカで「ローン」というと、車の購入や船、バイクなど、住居よりも小さなものを指します。アメリカで住居購入の際に利用するのは、「モーゲージ」と呼ばれるもので、内容は日本の住宅ローンと似たようなものになります。アメリカでのモーゲージの多くは30年プランが多いようです。

アメリカでの住居購入にはモーゲージを利用するのですが、このモーゲージにはさらに3つの種類があります。それぞれの特徴をチェックし、自分に合った方法で住宅を購入しましょう。

●Conventional Mortgage
これは、銀行やクレジットユニオンが提供するもので、基本的には自分がいつも利用している銀行に行ってモーゲージの相談をします。Conventional Mortgageを利用する場合には、おおよそ10%の頭金(ダウンペイメントと呼ばれています)が必要になります。この方法は、毎月払うモーゲージだけでなく、初期にかかる費用が大きいので、資産家など、お金のある人向けだとも言われています。

●FHA Mortgage
これは、Federal Housing Mortgageの略で、政府がファンドしてくれる方法で、政府が貸し手に一部出資をしてモーゲージを組みます。FHA Mortgageは、住居購入者が住居を購入しやすいように作られたシステムなので、ダウンペイメントは少なめで、3.5%から購入することができます。

●VA Mortgage
VA Mortgageとは、 Veterans Administration の略で、軍人や軍人の家族のために作られたモーゲージシステムになります。アメリカでは、軍で働く人は国のために命もかけて働いていることから、軍人や家族への待遇が充実しています。

アメリカの家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる