ハワイへの移住を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハワイへの移住を考える

『常夏の楽園』と呼ばれるハワイ。世界中から多くの観光客が訪れているだけではなく、年間を通して温暖な気候、そして癒しを感じられる雰囲気に魅せられて、多くの人が移住を望んでいます。

ハワイには明治以降、日本から多くの人が移住しているため、家の中で靴を脱ぐ習慣など、日本式の文化が定着しています。また、日系人や日本人が多く、飲食店や病院では日本語が通じることも珍しくありません。医療・文化・食事・言語・気候など、あらゆる面から考えても、端的に言えば「日本人が暮らしやすい」環境が整っていると言えるでしょう。

日本語が通じる安心さが◎

リゾートならではの開放的な雰囲気や気候だけではなく、移住者が声を揃えて言うのが、言語での心配の少なさ。もちろんワイキキエリアなど、通じる場面に限りはありますが、日本人が多いため、ホノルルの一部の病院では、受付から診察、そして会計までの全てを日本語で対応してもらうことが可能です。特にシニア世代など、医療の面でも不安を抱えている方にとっては、その医療現場で日本語が通じることは大きな安心感につながります。また、医療レベルも高水準なので心配いりません。

ハワイで学ぶ・スキルを磨く!

ハワイは留学先としても人気です。本格的な移住を始める前に、旅行とは違う時間の過ごし方をしてみるのも、ハワイを知るためには良いでしょう。ハワイなら、アメリカ本土や東南アジアより治安の面でも安心で、さらに衛生面でのストレスも少ないため、落ち着いて学びたいことに集中することができます。基本的には留学の際、学生ビザが必要ですが、90日未満の滞在で1週間の授業時間が18時間未満の場合は、学生ビザを取得する必要はありません。

ハワイで学べる様々なこと❤

「海外留学」と聞くと、どうしてもイメージしてしまうのが語学留学。でも、ハワイ留学はいろいろな会社が、多種多様のラインナップを用意しています。例えば、女性に人気が高いのは、ハワイ式マッサージやフラ、ハワイアンキルト、アロマスクールなど。男性から人気があるのは、ボクシングやサーフィン、ウクレレなど。ハワイの文化に根付いたものから、日本での仕事に活かせる資格まで豊富なメニューが用意されています。それもそのはず。ハワイ留学は、何も若者だけではなく、老若男女、幅広い世代の方がしており、なかには子供の長期休暇(春・夏・冬休み)に合わせて親子留学をしている方もいます。

ハワイに住んでからも、1日単位で受けられるレッスンも多いので、興味がある分野には是非、参加をしてみましょう。

ハワイでの生活で気をつけること!

ハワイで気を付けたいことは現地でのマナー。多くの日本人観光客が訪れているため、日本人に慣れてはいますが、だからと言って、現地の人が日本人の行動を理解し肯定しているとは限りません。その一つがマナー。なかでも他人との接し方には要注意です。店に入る時に黙って入ったり、黙って人の前を横切ったり、日本では時に寡黙であっても、何とも思われませんが、ハワイでは相手がイヤな想いをしてしまうこともあるので、挨拶をすること、ヒトコト添えることを意識しましょう。

喫煙と飲酒そしてドラッグ

開放的な雰囲気に漂うハワイですが、意外にも規制が厳しく、特に喫煙や飲酒には厳格です。喫煙は公共の場やホテル、レストランの屋内では全面禁煙で、同様に公共の場での飲酒も法律で禁止されています。日本では、喫煙に関しては近年、厳しくなりつつありますが、飲酒に関しては、かなり寛容で、公共の場(公園や歩きながら)での飲酒は法律的に問題がなく、日本を訪れた海外旅行者も非常に驚いています。

なので、日本人は喫煙所を探すクセはあっても、飲酒に関してのルールを知らず、つい法律違反を起こしてしまいがちです。また、ドラッグの誘惑も多く、道端で声を掛けられることも珍しくありません。興味本位で話を聞かず、毅然とした態度で断りましょう。

ハワイ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる