アメリカにワーキングホリデーがない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

学校に行くこともできれば仕事もすることができるビザ「ワーキングホリデービザ」。

ワーキングホリデービザは、世界でも多くの人が利用しているビザで、多くの国がワーキングホリデービザを発行して期間限定にて受け入れています。しかし、ワーキングホリデービザは、実はアメリカにはないのです。

その理由は、アメリカに渡航する場合は、「英語の勉強を目的」としたものが進められているからなのです。そんなことから、ワーキングホリデービザだけでなく、アメリカでは就労をすることができるビザを取得するのが容易ではないのも現実です。個人取得することができるビザは、観光や語学留学を目的としたものが大半となっており、アメリカ渡航に必要なビザを取得するためには、大使館にて面接を受ける必要もあることから、アメリカ渡航に必要なビザを取得するのは実はとても複雑なのです。

それでも、アメリカに渡航することが不可能なわけではありません。アメリカへの渡航を考える場合には、まずはどのような目的で渡航したいのかよく考え、目的に合ったビザを取得するようにしましょう。

また、アメリカへのワーキングホリデーは残念ながら申請することができませんが、勉強するならアメリカが良いけれど、せっかく海外に出るのであれば仕事もしたい、という場合には、アメリカの隣国であるカナダでワーキングホリデーにて仕事をし、その前後にアメリカで語学留学をして英語力を向上させるという人もいるそうです。

アメリカ自由の女神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる