アメリカ留学に必要なビザ(学生ビザ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アメリカは、日本の学校で教えられている発音と最も近いことからも、アメリカに留学して英語を勉強したいと考える人が多くいるようです。留学先として人気のある国ですが、アメリカはテロ対策が厳しい面もあるので、ビザの準備は不備なく整えておくようにしましょう。また、観光や乗り継ぎなどの理由によりアメリカに入国する時には、事前にESTAを申請しておく必要がありますが、学生ビザを持っている場合には、このESTAは必要ありません。

アメリカに留学目的で入国する場合、留学の期間やフルタイムかどうかによって学生ビザが必要か否かが変わってきます。

まず、週18時間未満で、滞在期間が最大90日未満の場合には、学生ビザを申請することなくアメリカで学校に入学することができます。この場合には、短期間の観光や商用のビザ免除プログラム、Visa Waiver Program (VWP)を利用して渡航することになります。ただし、ビザ免除プログラムを利用して入国した場合には、現地で学生ビザを申請したり、ビザの変更を行うことはできません。

週に18時間以上学校に通う場合は、滞在期間に関わらず、学生ビザ(F-1)を申請する必要があります。学生ビザで滞在する場合には、基本的にはアメリカでの就労は認められていませんが、条件の中であればアルバイトをすることが認められています。学生ビザにて就労する場合には、学校内でのアルバイトで週20時間まで、学校外でのアルバイトの場合は週20時間以内になりますが、休暇の間は制限なく働くことができます。アルバイトをすることができる人は、フルタイムで1年以上学校に通った学生や、予期せぬ出来事により経済困難に陥った学生のみとされています。アルバイトをする際には、学校に届け出を出す必要もあります。

また、フルタイムで9か月以上学校に通い、成績も優秀な大学生に限っては、4か月の履修に対して1か月仕事をすることができます。また、卒業履修をすべて習得すると、実務研修として、1年間のフルタイム、もしくは2年間のパートタイムにて仕事をすることができます。

このように、アメリカは留学目的で渡航して、必要な手続きを取ることで仕事をする経験も積むことができるのです。

アメリカ留学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる