グリーンカード取得の早道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

南国の地「ハワイ」に移住したい!という人が、世界各国に多くいます。ハワイは、日本人も多いことから、英語が不自由でも、日本語である程度のことをこなすことができるとも言われています。そんなハワイに移住するためには、アメリカの永住権「グリーンカード」が必要になります。

グリーンカードは、アメリカの「永住権」であり、「市民権」とは異なります。つまり、グリーンカードは日本国籍を維持しながらアメリカに永住することもできるというものなのです。

グリーンカードを取得するのは至難の業と言われていますが、簡単にグリーンカードを取得する方法もあるのです。グリーンカードを取得するための早道は、DVプログラムに参加することです。DVプログラムとは、宝くじのようなシステムのプログラムで、毎年5万件もの永住権(グリーンカード)がここから発行されています。

DVプログラムの応募条件に、自分の国籍が対象国であることというものがありますが、日本はこのDVプログラムの対象国であることから、日本国籍を持っていれば応募する資格があります。それ以外の応募資格には、高卒以上の学歴があること、日本国内や海外で逮捕の経験がないこと、伝染病保持者やテロリスト、麻薬関係者との関連がないことなどが条件となっています。

また、宝くじのようなものとは言っても、応募できるのは一人につき1エントリーのみというルールもあります。

また、DVプログラムでグリーンカードに当選しても、実際に手にするのは100%ではありません。真剣にグリーンカードの取得を考えるのであれば、当選した時に素早い行動をすることができるように、前もって書類などの準備をしておくと安心でしょう。

ハワイ1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる