オーストラリア永住権を取得する5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自然が豊かに広がる大地のオーストラリアは、フレンドリーな国民性や安定した経済、のんびりとした生活などから観光をはじめ、移住を希望する人も多くいます。オーストラリアも、広大に広がる大地を有効に活用するために、毎年世界各国からの移民を受け入れています。

そんなオーストラリアに移住するためには、「永住権」が必要になります。永住権とは、国籍は日本でありながら、オーストラリアに永住することができる権利で、一定の条件を満たすことで申請、維持することができます。オーストラリアの永住権を取得する方法は5つあります。それぞれどのような方法なのか、具体的に見てみましょう。

・ワーキングホリデービザから永住権への申請
ワーキングホリデーでオーストラリアに渡航し、最終的に永住権を取得する人もいます。ワーキングホリデーから永住権を申請するためには、ワーキングホリデー中にワークビザのスポンサーとなってくれる企業を見つけ、ワークビザを申請します。その後ワークビザで2年以上働くことで、永住権を申請することができるのです。

・自らのスキルを活かして永住権を申請する
永住権申請の方法のひとつに、技術独立永住ビザ189というものがあります。このビザは、オーストラリア移民局が指定する技能職業リストの中の職業として働くことで申請することができます。このビザを申請するためには、年齢や英語力など、一定の条件を満たしている必要があります。

・ディファクトビザから永住権を申請する
ディファクトとは、結婚はしていないけれど、事実関係にあるという意味になります。つまり、結婚をしておらず、籍は入れていないけれど事実関係がある場合、パートナーがスポンサーとなって永住権を申請することができます。

・結婚をしてから永住権を申請する
オーストラリア人と婚約をすると、婚約ビザを取得することができます。そのあと結婚すると配偶者ビザとなり、さらに2年以上配偶者ビザでオーストラリアで結婚生活を送ることで、永住権を申請することができます。

・学生ビザから永住権へ
学生ビザはそもそも学校に通うためのビザですが、卒業すると卒業生ビザを取得することができます。この卒業生ビザを取得すると仕事をすることができるようになることから、この卒業生ビザのある1年の間に、スポンサーとなってくれる企業を見つけることでワークビザ、そして永住権へとステップアップしていくことができるのです。

ゴールドコースト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる