わかりやすいマレーシア移住情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外移住を考えるにあたり、便利なビザが永住権です。永住権とは、日本国籍を維持しながら、外国で暮らす権利を得ることができるビザの一種で、数年に一度の更新は必要なものの、世界各国、多くの国がこの永住権を提供しています。

マレーシアは、物価が日本の3分の1ということで、生活費が安いこともあり、マレーシアへの移住を考える人も多くいます。ただし、マレーシアには他の国が提供しているような永住権はないのです。

マレーシアに移住する場合には、永住権ではなく、退職者向けのMM2Hのビザを取得して移住するのがおすすめです。退職者向けのビザというと、高齢の人に限られているようにも聞こえるので数が、マレーシアの退職者向けのビザMM2Hは、年齢制限がないことから、若い人でも申請して、マレーシアへの移住を実現することができるのです。

発展途上国では、永住権などのビザを取得するハードルが低く、簡単に取得することができるのですが、住み心地が悪いという点も考えられます。しかし、マレーシアでは、生活水準も日本と同じように整っていることから、物価は安くても極端に住み心地が悪いということはないでしょう。ただし、物価は安いのですが、宗教の関係からお酒を飲める場所が限られていたり、お酒がものすごく高いという点もあります。マレーシアは、酒飲みには不便さを感じることもあるかもしれません。

ワイン注ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 山田弘明 より:

    かなり良さそうですね~これはいいですね・・—————-興味が湧いてきました。
    年金生活者には持って来いですね・・一度体験してから決めるといいですね・・
    行ってみたいです。
    よろしくお願いします。

    1. サワディーカプ雄 より:

      山田さま

      返信が遅くなり申し訳ございません。
      そうですね、マレーシアはビザが取りやすいことも人気の一つだと思います!
      年金を受け取られる方でしたら、入ってくる金額が同じなら、やっぱり何をするにも高い日本で暮らすより、物価が安い海外の方が良いような気がします。
      もちろん、そこには言葉や文化や気候の違いもあって、途中でやめて帰って来る人も多いですけどね。。。
      まずは、一度、1ヶ月とか長めに行ってみることが大切かもしれません。短い期間の旅行だと良い側面しか見えませんし。。

Comments are closed.

ページの先頭へもどる