日本人が申請しやすいニュージーランド永住権とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

のどかな風景が広がり、のんびりした文化から、ニュージーランドには毎年環境客や留学生、ワーキングホリデーなど、毎年多くの人が訪れています。そんなニュージーランドには、移住を考えて永住権を申請する人も多くいるのです。

ニュージーランドの永住権を取得する方法は幾つかありますが、日本人が申請しやすい永住権が、「技能移民部門」です。

ニュージーランドでは、高い学歴やニュージーランドで必要とされている職業の人を優先して永住権を発行していることから、高学歴や必要な職歴を持つことで、永住権が取得しやすくなるのです。

「技能移民部門」は、Skilled Migrant Categoryと呼ばれるもので、最低条件を満たしていることで申請することができます。

永住権を申請するための最低条件は、

20歳以上55歳未満の成人
健康な人であること
無犯罪であること
コミュニケーションに困らない十分な英語力があること
ニュージーランドで有効な資格を持っていること(教師や医師など)

この最低条件を満たしていれば、技能移民部門を通して永住権を申請することができます。

永住権の申請はポイント制となっており、年齢は若ければ若いほどポイントは高くなり、また、ニュージーランドに親族がいるとさらにポイントが高くなります。確実に永住権を取得するためにも、最低条件が揃ったら、申請する前に資格を取得するなどしてポイントを上げられるかどうか考えてみるのも良いでしょう。

ニュージーランド羊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる