知って驚くタイの医療システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイに渡航するにあたり、現地での医療システムも気になるところですよね。特に、長期で渡航する場合には、ちょっと具合が悪くて診察が必要なこともあるかもしれません。万が一の時のために、タイでの医療システムについて理解していると安心です。

まず、日本では、職場を通して加入する社会保険、もしくは国民であれば誰でも加入することができる国民健康保険があります。健康保険に入っていれば、多少の医療費はかかるものの、膨大な医療費の支払いをせずに診察を受けたり、病気やけがの治療をすることができます。

しかし、タイでは、この健康保険のシステムが大きく違うのです。タイにも国民健康保険といったものはあるのですが、タイでの国民健康保険は指定された病院のみで有効で、待ち時間が何時間にも及ぶものなのです。民間の健康保険では、民間企業で働く人や公務員向けの健康保険があります。ただし、農民や自営業者には民間の健康保険はないので、国民健康保険を使うことになります。

お金のある人は、民間の健康保険に加入して、高級な私立病院に通うことができます。

タイでは、貧富の差が激しく、お金があるか、ないかで、生活だけでなく、健康保険や病院までもが変わってくるのです。

タイ病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる