タイ入国に必要なビザ(観光)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

にぎやかな商店街のあるバンコクや、海がきれいなプーケットのあるタイには、毎年多くの人が観光で訪れています。観光でタイに行く際には、どのようなビザが必要で、どのくらい滞在することができるのでしょうか?

タイでの滞在は、基本的に最大30日までとされています。一度隣の国に出国してからもう一度入国することで、さらに30日滞在することが可能になりますが、2004年以降は、1年間の入出国は最大2回までと制限されるようになりました。滞在期間を延長申請は可能ですが、その場合は1900バーツの申請料が必要になります。

タイに入国する際には、30日の滞在を証明するために帰りの航空券を掲示する必要があります。審査官によっては掲示を求められない場合もありますが、トラブルなく確実に入国する際には、いつでも帰りの航空券を掲示できるように準備しておくのが無難でしょう。片道航空券で入国する際には、観光ビザが必要になります。

観光目的でタイに入国する場合、1人出入国する場合は2万バーツ、家族での入国の場合には最低4万バーツ所持している必要があります。入国の際にそこまで検査されることは少ないのですが、これもまた万が一の時のために、いつでも掲示できるようにしておくことで、トラブルなく安全にタイに入国することができるでしょう。

国によって入国の際に必要な条件や書類などが異なってきます。旅行計画を立てる時には、必ず必要なビザや滞在期間、滞在延長の方法など事前に確認しておくようにしましょう。

タイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる