記事公開日:最終更新日:

タイ-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パソコンと聴診器

タイの医療レベルは最先端

ハイレベルなことで知られているタイの医療レベル。その医療技術を支えているのは日本やアメリカなど、医療先進国で、医学教育や医療研修を学んだ医師たちです。日本の医学部を卒業し、日本の医師国家試験に合格した医師もいるので、日本と変わらず安心して診察や治療を受けることができます。

手術室と医師

日本語対応が可能な病院も多数

日本人にとって通いやすい病院は、各都市とも幾つかに絞られており、日本語を話す医師か日本語を話せるスタッフが常駐しています。バンコクでは、東南アジア最大の私立病院でもあるバンコク病院や日本人が多いエリアにあるサミティベート病院が有名です。その他の病院でも、日本語可の医師や日本語の通訳スタッフが存在しており、さらに日本人向けのクリニックや薬局もあります。

また、バンコク以外の都市では、チェンマイ、パタヤ、シラチャ、チェンライ、ノンカーイ、ウドンタニ、プーケット、サムイに日本語対応可の病院があります。病院によっては通訳が常駐ではなく、必要に応じて呼ぶスタイルになっているので、あらかじめ確認をしておきましょう。

水道水の飲用は避けること

タイの衛生状態は徐々に改善されているため、あまり神経質にならなくても良いでしょう。ガイドブックなどで、氷に気を付けるように書いていることもありますが、近年は専用の業者から氷を購入しているところがほとんどで、飲用には向かない水道水をそのまま使っているケースは、ほぼないと言えます。しかし、衛生管理に対する意識が低い店も多々あり、屋台では生で提供する食べ物や氷を手づかみで扱う場面に遭遇することもあります。

いずれにせよ、心配な方は日本から薬を持参しておくか、現地で購入できる薬をあらかじめチェックしておきましょう。日本語が通じる薬局もあるので、軽度の腹痛なら薬で対応できる場合もあります。また、コンビニでも薬を購入することが可能です。しかし、タイの薬は日本より成分が強く、効き過ぎることもあるので注意をしましょう。

アクセスメニュー