タイ-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パソコンと聴診器

ハイレベルなことで知られているタイの医療レベルを支えているのは、アメリカや日本など医療の進んだ国で、医学教育や医療研修を学んだ医師たちです。

このような医師が多く存在しているため、タイの大きな病院では国立、公立、私立ともに設備が非常に充実しており、日本と変わらず安心して診察や治療を受けることができます。

国公立の病院は治療費が安いため、いつでも混雑をしており、だいぶ待たされた結果、診察だけで終わってしまい、治療をするにはもう一度通院しなくてはならない場合もあります。一方の私立病院では、治療費が国公立よりも高いため、あまり混雑していません

日本は風邪やインフルエンザが流行る冬の期間に、いつもより混雑することがありますが、一年中同じような気候が続くタイでは、季節に応じて特定の病気が流行することがないため、年中同じような混雑具合で、私立病院の場合は比較的スムーズに診察から治療までを受けることができます。

手術室と医師

24時間体制システムを用いている私立病院もあり、なかには一流ホテルのようなサービスを備え、日本語を話す医師がいることもあります。このような病院は、ロングステイや永住をしている日本人をはじめとする外国人や、タイの中でも裕福層にあたる患者が主に通院しています。

医師が日本語を理解できなくても、日本語が話せるスタッフが通訳をしてくれる病院も数多くあるため、現地で生活をしている日本人には、非常に重宝されています。どの病院が良いか、どの病院に行けば日本語が通じるかなど、正確な情報を得るためにも、現地に到着してから日本人の知人や友人を作ることは大切です。

国公立の病院に比べて、高額が私立の病院ですが、保険である程度カバーされます。保険の種類や病院によっては、現金を持ち合わせていなくても治療が受けられることもあるので、日本を出国する前に保険に加入しておきましょう。

タイで救急車を呼ぶ場合は、1669番に電話をすれば無料で利用することができます。ただし、タイ国全土で適用されているわけではなく、バンコク市内など一部の地域に限って利用することができます。他にもほとんどの私立の総合病院では救急車を所有しています。それぞれの病院に電話をすると、救急車で迎えに来てくれます。しかしバンコクは、すさまじい交通渋滞で、いつでも道が混雑しているため、救急車の到着は日本に比べるとだいぶ遅くなります。病院によっては、オートバイなどで先に看護師を自宅もしくは現場に向かわせて、救急車が到着するまでの間に初期治療を行ってくれることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー