No1

マレーシア

就労ビザも取りやすい!

就労ビザに厳しい条件が付けられている国が多いなか、マレーシアでは学歴による条件などが厳しくないため、他国と比較をすると、比較的簡単に就労ビザが取りやすくなっています。またリタイアメント制度は、取得することができるとパスポートの有効期限内まで滞在することができます。

就労ビザの難易度 永住権申請 ビザなし滞在最長期間
比較的簡単 可能(5年の滞在) 3ヶ月
No2

フィリピン

ほぼ無条件でロングステイ

59日間まで滞在ができる観光ビザを取得しなくても、 ビザなしの入国でも滞在を最長59日間まで延長ができます。また、リタイアメント制度も充実しており、35歳から取得することが可能で、 他国と比較すると非常に安価な預金をするだけで、あとはほぼ無条件で長期滞在をすることが可能です。

就労ビザの難易度 永住権申請 ビザなし滞在最長期間
普通 可能(滞在期間の括りなし) 30日間
No3

タイ

取得しやすい年金ビザ

以前はビザを取得していなくても、空路を使った出入国を繰り返すことで、事実上タイにロングステイをすることは可能でしたが、規定改正により、このビザランは禁止され、30日を超える滞在の場合は何らかのビザが必要になりました。 比較的、容易に取得できる観光ビザの取得や延長でロングステイは可能で、 また、他国に比べると条件も軽いリタイアメントビザも用意されています。滞在期間はやや短くなりますが、 さらにハードルの低い年金ビザを取得することも可能です。

就労ビザの難易度 永住権申請 ビザなし滞在最長期間
普通 可能(3年の滞在) 30日間
No4

インドネシア

6年間の滞在が可能なリタイアメント

インドネシアのビザは複雑な仕組みとなっているため、専門の会社にお願いをした方が良いのですが、 一時滞在ビザなどは厳しい条件もなく6ヶ月間の滞在が認められています。また、リタイアメント制度は、条件は、やや厳しいですが、 一度取得すると最長で6年間と長期にわたって滞在することが可能です。

就労ビザの難易度 永住権申請 ビザなし滞在最長期間
普通 可能(5年の滞在) 入国時に必須
No5

カナダ

ビザなしでも長期滞在可能?

就労ビザの取得は厳しいカナダですが、延長申請を2回行うことで、 ビザなしでも最長1年半の滞在が認められています。有料のビザを何度も再申請しなくてはならない国も多いなか、 ビザなしで1年半も滞在ができることは長期滞在希望者にとっては大きな魅力となっています。

就労ビザの難易度 永住権申請 ビザなし滞在最長期間
難しい 可能(ポイント制度) 6ヶ月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • 総合ランキング
  • 安さランキング
  • 治安ランキング
  • シニア向けランキング
  • ビザ取りやすさランキング
  • 気候ランキング