記事公開日:最終更新日:

ハワイ移住

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

永遠の憧れ!圧倒的な人気を誇る常夏の島

アメリカ地図

ハワイの魅力は過ごしやすさ!

太平洋に浮かぶ楽園として、日本人から愛され続けているハワイでは、マリンスポーツやゴルフなどアウトドアのレジャーが豊富です。特にオアフ島ではショッピングセンターやブランドショップが建ち並び、ハワイでしか買えない限定商品も多いため、年間を通して観光客で賑わっており、その圧倒的な人気は衰えることがありません。主に8つの島から構成されるハワイの中で、リゾートエリアとして最も人気が高い島は州都・ホノルルがあるオアフ島ですが、ビッグアイランドと呼ばれ大自然に囲まれているハワイ島や美しい渓谷が自慢のカウアイ島など、島によって全く違う景観を楽しむことができることも、ハワイならではの特徴です。

リゾートと生活環境の絶妙なバランス

ハワイでは島によって気候が異なり、都市部と郊外では住環境も違うため、どのような生活を送りたいのか?何を楽しみたいのか?を踏まえて、移住先を検討する必要があります。日本人が過ごしやすいと言われているのは、ハワイに暮らす全人口の7割以上が集まっているオアフ島。ロングステイヤーも同様に、ほとんどの人がオアフ島で暮らしています。

オアフ島は世界屈指のリゾート地として有名ですが、病院やスーパーなど利便性の面でも優れています。ワイキキなどの観光地周辺やショッピングエリアとしても人気のアラモアナには、ホテルやショップが多く好奇心をくすぐられるスポット集約されており、一方、少しはずれるだけで大自然を堪能することができ、様々な角度から心を満たしてくれる魅力に溢れています。

ハワイの移住データ

暮らし 平均気温 約25℃(ホノルル)
在留日本人 約22,000人
ビザ 長期ビザ B-1/B-2ビザなど
ビザ無し滞在 90日以内
言語 主要言語 英語、ハワイ語
日本語 オアフ島では通じることもある
日本との 時差 マイナス19時間(ホノルル)
飛行時間 東京から6時間半〜7時間半(ホノルル)

こんな人にオススメ!

開放的な空間

バケーション気分を満喫できる!

日本人から圧倒的な人気を誇るハワイは、年間を通じて多くの観光客が訪れる世界有数のリゾート地です。ゆったりとした街の雰囲気や美しいビーチ、さらには独自の文化がバカンス気分を盛り上げ、旅行直後からハワイ移住を夢見る方が大勢います。温暖で心地よい気候、開放的なムードなど、五感の全てで癒しを感じられる生活ができます。

雨の多い時期もありますが、オアフ島なら大雨や台風の影響は受けにくく、雨上りに青空を彩る美しい虹が見られるなど、雨ならではの楽しみ方も見つけることができるでしょう。

ホノルル周辺

日本語が通じるスポット多し!

言葉の不安のある方にもハワイはオススメです。どこでも日本語が通じるわけではありませんが、日本人観光客や在住日本人が多いため、レストランやショップなど、日本語が通じる場所も珍しくなく、ホノルルの一部の病院では、受付から診察、そして会計までの全てを日本語で対応してもらうことが可能です。観光客向けのクリニックもあるので、ロングステイの懸念材料になっている要素が言葉の壁であるならば、少しは不安が軽減されるでしょう。

しかし、ハワイの中でも日本語が通じやすいエリアは限定されており、オアフ島のホノルル市(ワイキキ周辺など)以外では、あまり通じません。

幅広い世代に人気のハワイ留学

どこか窮屈にも感じる日本の環境を飛び出して、心身ともにリラックスのできる空間で勉強をしたい方にもハワイはオススメできます。また、治安や衛生面で他の国よりもストレスが少なく、学びたいことに集中できる環境が整っています。留学の際、学生ビザ(F-1ビザ)が必要ですが、90日未満の滞在かつ1週間の授業時間が18時間未満の場合は、原則としてビザを取得する必要はありません(別途、ESTAは必要)。

英語以外にも豊富なラインナップ

「留学」と聞くと、若者が語学を学びに行くイメージを抱きがちですが、ハワイでは老若男女、幅広い世代の人が様々なスキルを磨いています。

ハワイ留学のラインナップは非常に豊富で、英語学校や大学の他に、ハワイ式マッサージ、ウクレレ、フラ、キルトなどハワイならではの文化に根付いたものから、ウェディングスクールやアロマスクールなどもあります。その他にも、在住者や観光客が1日から受けられるサーフィンレッスンやフォトレッスンなど、趣味や仕事に活かせるものが多く、親子で短期留学をする人もいます。

こんなところに要注意!

アメリカ商店街

治安は良いが窃盗事件は多い

比較的安全だと思われているハワイですが、凶悪犯罪の件数こそ多くないものの、窃盗件数は50州のうち、2番目に多く、スリや置き引き、ひったくりには気をつけなくてはなりません。なかでも、日本よりも多いとされている犯罪が、車上荒らしです。貴重品を車内に置かない、または外から荷物が見えないようにするなど、日本とは違う国であることを意識しましょう。

なお、ハワイではレンタカーを借りる人も多いですが、特定の車種を使うことが多いため、すぐにレンタカーだと分かってしまいます。よって、例えレンタカーの利用者が在住者であっても、旅行者が借りた車だと思われ、「多額の現金を置いているだろう」「防犯意識が低いはず」と犯行グループ(犯人)が判断し、窓ガラスを割って荒らされることもあります。長時間の駐車をする場合は、人目に付かない場所を避けるなど、対策が必要です。

危険なドラッグの誘惑も

ハワイではドラッグが社会問題になっています。日本でも、以前は一部の危険な社会でだけ流通にしているものだと思われていましたが、最近は学生や主婦など一般層にまで広がっており、深刻さを増しています。そのきっかけとして「海外で初めて使用した」と言う人も多く、ハワイではバーやナイトクラブ、さらにはショッピングモールや路上でもドラッグの誘いを受けることがあります。

オアフ島だけではなく、ハワイ島やマウイ島でも、マリファナなどのドラッグが流通していると言われています。興味本位や軽い気持ちで試す行為は絶対にやめましょう。

高い物価とチップ

リゾートアイランドであることに加え、ハワイで生産されているものが極端に少ないことから、物価は総じて高めです。ほとんどの商品がアメリカ本土からハワイへ運ばれるため、輸送コストが上乗せされており、日本の食材や医薬品も当然ながら割高で、さらにチップの習慣もあるので、出費は多くなりがちです。

また、アメリカ本土から運ばれて来る商品は、一度ホノルルのあるオアフ島に到着し、そこから周辺の島へ運ぶので、ハワイ島やマウイ島の物価はさらに高くなります。

ニュース一覧へ

2017/05/18
アメリカ移住情報
ハワイへの移住を考える

ハワイへの移住を考える 『常夏の楽園』と呼ばれるハワイ。世界中から多くの観光客が訪れているだけではなく、年間を通して温暖な気候、そして癒しを感じられる雰囲気に……

2016/01/1
アメリカ移住情報
アメリカで住居の購入する方法を細かく紹介!

アメリカに移住して、住居を購入したいけれど何から始めたら良いのかわからないという人もいるでしょう。住居の購入となると、日本ではもちろんのこと、海外で購入する場合……

2015/12/4
アメリカ移住情報
グリーンカード取得の早道

南国の地「ハワイ」に移住したい!という人が、世界各国に多くいます。ハワイは、日本人も多いことから、英語が不自由でも、日本語である程度のことをこなすことができると……

2015/10/5
アメリカ移住情報
アメリカと日本の医療の違い

アメリカに行くと、医療システムが日本とは大きく異なることから、驚く人も多くいるようです。アメリカと日本の医療システムは、どのようなところが違うのでしょうか?日本……

2015/09/30
アメリカ移住情報
ガソリン給油中にクモに着火

アメリカミシガン州にて、ガソリンを給油中に着火して火事騒動を起こした男性がいるというニュースがあります。 この男性は「クモ恐怖症」で、ガソリンを給油してい……

写真ギャラリー

ワイキキビーチ1
ワイキキビーチ2
ワイキキビーチ3
ハワイの街並み
ハワイのリムジン
ハワイの胴長バス

※本ページの日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。