ハワイ(アメリカ)-オススメの理由-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界一の経済大国で、多くの日本人も生活をしているアメリカは、州に地域によって気候や習慣、税金や道路交通法まで大きく異なるので、環境や雰囲気もまったく違います。そのため、自分に合った気候や環境、雰囲気を選ぶことが可能です。

ハワイで結婚

日本人に最も人気があるハワイは、温暖な気候とゆったりとした雰囲気が魅力です。温暖な気候の地域にありがちな台風や大雨のような自然災害も少なく、雨季でもあまり気にせず生活を送ることができます。

日本人観光客が非常に多いことから、日本語が通じる施設も多く、一部の病院では全てのやり取りが日本語で可能です。

また、日本の文化も浸透しつつあるため、あまり文化の差を感じることもなく、特にシニア層には移住先として人気があります。ただし、アメリカはビザの取得が厳しく、申請内容に不備があると却下されてしまいます。アメリカのビザ取得に関しては日本の専門会社にお任せをした方が良いでしょう。同じく、人気の高いカリフォルニア州も、一年を通して温暖で、夏もあまり気温が上がらないため、過ごしやすい気候です。

同じ州内でも、治安の面ではあまり安心のできない地域もあれば、サンフランシスコやオークランドのように比較的、安心して住むことができる地域もあります。

アメリカ・自由の女神

慣れるまでは、注意しておきたい点の一つとして、アメリカ本土には4つの時間帯があります。日本との時差ばかりを考えてしまいがちですが、アメリカ国内にも時差があるので、移動の際などに、違う時間帯のエリアに移動したことに気付かず、到着時間や乗り継ぎ時間を間違うケースが多く見受けられます。

特に長距離バスや国内線を利用する際には、気をつけておかなければ、乗り継げる便や移動手段がなくなってしまうこともあります。

日本との時差はマイナス14時間~マイナス17時間のため、日本と連絡を取る際には少し不便でしょう。アメリカ本土以外にも、ハワイやアラスカには、別の時間帯があるので、間違えないように注意をしましょう。さらにアメリカにはサマータイムと呼ばれる、夏時間があり、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までは、時間が1時間早くなります。このサマータイムは、ハワイ州とアリゾナ州では採用されていないため、移住地がハワイやアリゾナ州の場合は、時間を合わせる必要がありません。

アメリカはエンターテイメント性に優れているため、ミュージカルや演劇、さらにはスポーツなども本場ならではのスケールと迫力で楽しむことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー