記事公開日:最終更新日:

ハワイ-文化-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日本とアメリカの国旗

ハワイ独自のスタイルが確立

ハワイはアメリカの中でも独自の伝統的な文化が存在しています。それは歴史の中で形を変えながら現代に受け継がれており、ハワイアンスタイルとして唯一無二の存在感を放っています。多民族であるがゆえに、多くの文化が入り混じった生活習慣が、個性を失うことなくハワイで根付いていると言っても良いでしょう。

アロハシャツやムームー、ハワイアンキルト、ハワイアンジュエリーなど着飾る物だけに着目してもオリジナリティーに溢れており、さらにウクレレやフラ、レイなどもハワイの文化の一つです。

もう一つ忘れてはいけない文化が、ハワイの言語。基本となる言語はアメリカ英語ですが、古来の人々が使っていたハワイ語が今もなお残っています。アロハ、マハロ、オハナなど一度は耳にしたことのある単語もあるでしょう。ハワイ語は日本人が苦手な発音と言われている“R”と“L”の区別がなく、カタカナ表記をしやすい特徴があります。発音も日本人にとっては難しくないので、挨拶くらいは覚えておくと、より楽しいハワイ生活を送ることができるでしょう。

現地で習う人も多いフラ

古代のハワイでは文字を使っておらず、王族を称える表現の一つとしてフラを踊っていました。また、時としてフラはストーリーテラーの役割を兼ね、踊りで歴史を伝えて来ました。このフラが現代のように、ハワイの伝統芸能として栄え始めたのは、1970年代。文化復興運動の影響を受け、多くの小学校でフラが取り入れられ、それと同時にフラの教室が爆発的に増えたことから、フラ人口は急激に伸び、観光業界でもハワイの伝統的文化として、積極的に紹介をするようになりました。

在住日本人でもフラを習う人は多く、動きに託された深い意味や複雑なステップに驚かされています。基本的には2種類のフラがあり、多くの日本人がイメージするフラは、ムームーを来た女性がウクレレやギターの音色に合わせて優雅に踊るモダン・フラ(アウアナ)。ロマンチックな曲調が多く、観光客に向けたショーなどで披露されることも多いですが、現地の人にとってのフラとは、こちらではなくカヒコと呼ばれる古典フラ。ウクレレなどを使わずに打楽器と詠唱に合わせて力強く舞い、モダン・フラとは全く異なる魅力を見せてくれます。

日本人も大好きなハワイのローカルフード

海外旅行で楽しみにしていることの一つと言えば、現地での食事。日系人が多いハワイのローカルフードは、日本人にも食べやすい味のものが多く、旅行者からも非常に人気があります。また、和食を食べられる店はオアフ島に沢山あるので、日本食に困ることもありません。同様にハワイ島でも、ヒロやカイルア・コナを中心に日本食レストランは充実していますが、マウイ島やカウアイ島では数軒しかなく、その他の島に至っては、全くないところもあります。

しかし、せっかくハワイに住むのなら、現地ならではの味を堪能したいものです。東南アジアではお馴染みの奇抜なスパイスや香草を使う料理は少なく、誰にでも食べやすいことがハワイ料理の特徴です。レストランやカフェだけではなく、フードコートや屋台でも本場の味を楽しむことができるので、様々な場面でハワイの食文化を体験してみましょう。

手軽に食べられる人気の「ロコモコ」

ハワイ発の料理として日本でもお馴染みのロコモコ。もともとは日系人の多いヒロで誕生したメニューです。丼いっぱいのライスの上にハンバーグと目玉焼きが乗っており、グレイビーソース(肉汁で作られたソース)で味付けされています。高級レストランにもありますが、屋台やフードコートでも食べることができる定番料理で、なかには和牛を使ったロコモコも。ライスと具を大胆に混ぜ、豪快に食べてハワイアン気分を満喫して下さい!

何でも乗せちゃう「プレートランチ」

一つのお皿の上に、ライスや肉、野菜などを盛り付けたセット料理。名前にランチと入っていますが、時間帯を問わずに注文することができ、テイクアウトも可能です。店によっては量が多いので、一つのお皿を二人でシェアするシーンも多く、比較的リーズナブル。肉やフライを中心としたガッツリ系のプレートランチもあれば、オーガニック野菜や玄米を中心としたヘルシー系のプレートランチもあり、一回の食事で色々なもの食べたい方にオススメです。

ハワイ発が日本でも大ブーム「パンケーキ」

パンケーキの発祥はハワイではなく古代ギリシャと言われており、アメリカで気軽に食べられるようになったのは、19世紀頃とされています。日本でパンケーキが紹介されたのは1884年。雑誌で「パンケーキとは、どんな食べ物か?」を伝えたことが始まりでした。温かいケーキ=ホットケーキと名付けられ、バターとメープルシロップで食べられていましたが、2010年にハワイ発のパンケーキ店が日本へ上陸すると、瞬く間に大ブームとなり、現在ではハワイの人気店が続々と日本に出店しています。

フルーツやクリームをトッピングした彩鮮やかなパンケーキや、レモンを絞って食べるパンケーキなど、ハワイのパンケーキは種類も豊富です。レストランやドライブイン、さらにはカフェにもあるポピュラーなメニューなので、好みの味を探して色々と食べ比べをしてみましょう。

裁判官

アクセスメニュー