記事公開日:最終更新日:

タイ-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
働く女性

日本人向けの求人は豊富!

タイは海外の中でも日本人向け求人が非常に多い国と言えるでしょう。少なくとも2年以上の実務経験を採用条件としている企業が多いですが、20代の方など若い世代であれば、経験よりも人柄や仕事に対する姿勢が評価されることもあるので、一概に実務経験が2年に満たないからと言って、応募をあきらめる必要はありません。

現地の言葉であるタイ語は、就労の際に必須事項として設けられているケースが少なく、「優遇されるスキル」と留めている企業が大半です。一方で、多くの企業が英語を採用条件にしているため、英語もしくはタイ語など、外国語を話せることで就職は有利になります。しかし、タイで働く以上、従業員の多くはタイ語。円滑なコミュニケーションを図るためにも、タイ語は必要不可欠なので、高い語学力がなくても、日常会話レベルのタイ語を身につけていると、社内の人間関係の構築などに役立ちます。

採用条件に掲げられている英語に関しても、他国と比較をすると条件がやや緩く、TOEICで600点以上あれば、ビジネスレベルと判断され、それ以下の点数であっても応募をすることのできる求人は数多くあります。しかし、管理職やコーディネーターなどに就くためには、最低でも750点は求められ、タイ語に関しても上級者レベルの語学力を必須としている企業が大半です。また、タイの文化を理解しようとする姿勢はもちろんのこと、日本人や日系企業が多いタイでは、取引先の相手が日本人であることも多いので、日本レベルでのビジネスマナーや常識も重視される傾向があります。

コールセンター等は語学力不問

タイでは語学力不問の未経験者でも応募できる求人が多く、日本人向情報誌には沢山の求人案内が掲載されています。語学力を必要としない案件は、主に日本人カスタマー向けのコールセンターや日系企業の飲食業で、職場によっては勤務中に一度もタイ語もしくは英語を話さないこともあります。特にコールセンターは頻繁に募集をしているので、こまめなチェックを心がけておくと、募集のタイミングを逃しません。

また、企業によっては面接を現地ではなく、日本で行ってくれることもあります。Skypeを利用した面接や電話での面接など、臨機応変に対応してくれる場合もあるので、応募の際には面接についても問い合わせてみると良いでしょう。

バンコク・自動車

現地採用者の給与はどのくらい?

企業や個人のスキルによって大きく異なりますが、40,000~50,000バーツ(約128,000円~160,000円)程度からのスタートになることが多く、営業職は業績によって金額が上がることもあります。また、就職先が日系企業で、雇用形態が正社員ではない場合は、もう少し給与は下がり、逆に管理職採用であれば、これよりも高い給与からスタートすることもあります。(約320,000円)

ボーナスに関しては企業による格差が大きく、最大6ヶ月分が支給される企業もあれば、全く支給されない企業もあります。募集要項や契約の際に、ボーナスに関する記述や説明がない場合は、支給されない可能性が高いと考えて良いでしょう。また、基本的には交通費や住宅手当などの諸手当は、給料に含まれています。タイでは別途支給される企業の方が珍しいので、全て含まれたうえでの金額だと認識しておきましょう。

勤務地がバンコクである場合、交通機関が発達しているため、通勤に不便を感じませんが、郊外にある工場などは社用車による送迎が行われていることもあるので、バンコクの都心から勤務先が離れている場合は、応募前に送迎の有無について確認してみることをお勧めします。

健康保険と就労ビザ

日系企業の場合は、健康保険を用意していることが多いので安心ですが、現地企業もしくは日系以外の外資企業では、各自で保険に入ることがほとんどです。保険に関して募集要項に掲載されていない場合は、応募の際に問い合わせておいた方が良いでしょう。現地で入ることのできる保険もありますが、日本で何かしらの保険に加入している場合、その保険をどうするか?を渡航前に決めておかなければなりません。

また、就労ビザの手続きは、基本的に会社が代行してくれますが、ビザ取得のために必要な書類を揃えなければなりません。書類の準備は非常に時間が掛かるので、余裕を持って準備を始めましょう。なかには就労ビザを支給しないことを前提に求人を募集している企業もあります。そのような場合は、他のビザを持っている方へ向けての応募だと考えて良いでしょう。ビザを持たずに就労することは違法なので気を付けて下さい。

タイの求人はどうやって探すの?

タイの求人は日本人向け情報誌にも掲載されているので、現地に到着してから探すことも可能ですが、ビザ申請に必要な書類を揃えるためには、日本へ一時帰国をしたり、親や知人に協力をしてもらったり、手間と時間が掛かります。そのため、初めて海外で仕事を探される方は、インターネットを使って海外求人に特化した転職サイトを利用すると良いでしょう。日本人が多く暮らすタイでは、タイ専門の求人サイトもあり、給与や勤務地だけではなく、必要とされている性別や年齢、語学力の有無まで細かく掲載されています。日本語でのやり取りが可能なサイトも多いため、上手に活用することで自分に合った求人を効率良く探すことができます。

※こちらの記事の日本円の表記は2017年5月のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

アクセスメニュー