記事公開日:最終更新日:

タイ-治安-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泥棒・スリ

治安は良いが油断は禁物

特にシルバー世代の間では、首都のバンコクに対して、あまり治安が良くないと思いがちですが、現在のバンコクは治安が安定しており、凶悪犯罪に巻き込まれる可能性は非常に低いと言えます。しかし、スリやひったくり、空き巣などの軽犯罪は多発しており、朝夕のラッシュ時でのバスや電車内、または夕方以降の一人歩きでは注意が必要です。

また、タイ南部(最南部)の一部地域では紛争が多く、外務省の危険情報でも、レベル3の「渡航は止めて下さい(渡航中止勧告)」に該当しています。移住後にタイの全県を巡る人も多いですが、慎重に検討しましょう。

タイ国内の犯罪に関するデータ

まずは、グラフをご覧下さい。国連の統計局によるタイ国内の犯罪データです。イメージを掴みやすくするために日本のデータも併記します。

殺人件数 暴行件数 誘拐件数 窃盗件数 強盗件数 性的暴行件数
タイ 2014 3.9 18.7 0.0  58.9 2.1 1.8
日本 2014 0.3 21.0 0.2 356.2 2.4 6.8

※単位は10万人あたりの人数
データ参照元:国際連合世界統計年鑑 NR=報告・データなし

数字では見えて来ない本当のところ

上記のデータを見比べると、殺人件数が日本の約13倍と高く、少し不安のある数字が出ていますが、日本人が凶悪犯罪に巻き込まれる事案は極めて少ない国です。また、数字上では日本よりも窃盗件数が少ないものの、外国人をターゲットにしたスリやひったくりは発生しており、なかでも裕福かつ無防備なイメージの強い日本人は、狙われやすいので注意が必要です。

また、タイでは自動車免許を簡単に取得できるため、日本以上に事故が多く、運転のマナーも良いとは言えません。さらに、本来は交通違反ですが、バイクが歩道を運転していることもあるので、徒歩で移動をする際も注意を怠らないようにしましょう。

パタヤの港

日本人を騙す日本人も急増中

旅行者がタイで被害に遭うトラブルとして、宝石がらみの詐欺が長年に渡って報告されています。タイはルビーの産地であることから、日本よりも原石を安く購入することができ、多くの業者が買い付けに訪れています。しかし、タイ国政府観光庁には宝石に関する苦情やトラブルが年間1,000件以上も寄せられており、その多くは偽物を売られたことに対してのクレームや問い合わせです。極端な値引きをする店や客引きがしつこい店は偽物を販売している可能性があるので、領収書や保証書には店名、住所、電話番号、購入日、品名などが明記されていることを確認しましょう。

旅行者ではなく、ロングステイヤーの間で気をつけなければならないことは、日本人による詐欺です。残念ながら日本人が日本人を騙す事案は後を絶ちません。言葉が通じる同じ日本人ゆえに、気を許してしまいがちですが、日本で暮らしていた時も知らない人を簡単に信用していたでしょうか?外国で暮らす同じ日本人同士だから信頼して当然、と思ってしまうと足元を救われてしまうので気をつけましょう。

タイで事件に巻き込まれたら

タイに限らず、どこの国でも身の安全を第一に考えて行動することが鉄則です。例えば、ひったくりに遭った場合、奪われた金品を奪い返そうとするのではなく、自分の命を最優先に考え、安全な場所へ身を移すようにしましょう。奪われた物が返って来ることはありませんが、海外旅行保険などに加入していると、後に保険金を請求できることもあります。請求の際、多くの保険会社では現地の警察によって作成された証明書が必要になります。どのような書類が必要で、どのタイミングで申請を行うのか?保険に加入する時は細かいことまでチェックをしておきましょう。

また、タイの法律では、外国人はパスポートを常に携帯していなくてはなりません。本来であれば、持ち歩くことで紛失の可能性が高まるため、自宅などに保管しておきたいところでしょうが、所持していなければ、警察は現行犯逮捕をすることも可能です。厳密には認められておりませんが、せめてコピーだけでも携帯するように心がけましょう。

タイ国内での主な緊急連絡先一覧

タイ国内での主な緊急連絡先を記載します。都市によって電話番号や連絡先の大使館・領事館が異なるので、住むエリアが決まったら必ず緊急連絡先を確認し、何かあった際に直ちに連絡できるよう、メモなどを残しておきましょう。

◆警察 191
◆救急車 1669
◆消防 199
◆在タイ日本国大使館(領事部:旅券・証明等) 02-207-8501 / 02-696-3001
◆在タイ日本国大使館(領事部:邦人救護) 02-207-8502 / 02-696-3002
◆在タイ日本国大使館(領事部:査証) 02-207-8503 / 02-696-3003
◆在タイ日本国大使館(領事部:夜間・休館日) 02-207-8500 / 02-696-3000
◆在チェンマイ日本国総領事館(邦人救護) 053-203-367 内線201
◆在チェンマイ日本国総領事館(夜間・休館日) 060-002-4080

アクセスメニュー