タイ-治安-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泥棒・スリ

バンコクと聞くとあまり治安の良いイメージを抱かない人も多いかもしれませんが、実際のタイは観光立国のため、ツーリストポリスと呼ばれる警察官がいたるところに駐在しており、外国人がタイで犯罪に遭わないように見張っているため、凶悪犯罪に巻き込まれる可能性は非常に低い国です。外国人保護に力を入れているので、路上で襲撃をされたり、暴力的な事件の被害者になることはめったにありませんが、スリやひったくり、空き巣などの犯罪は多発しています。朝夕のラッシュ時のバスや電車の中は、特にスリに対する注意が必要で、ひったくりは夕方以降の辺りが暗くなった頃に集中して発生しています。観光客の場合は、あまり銀行に行く機会はありませんが、タイで生活をするとなると、どうしても銀行に行く必要性が出てくると思います。銀行から出てきた瞬間を狙われることもあるので、用心が必要です。

また、タイの法律では、外国人はパスポートを常に携帯していなくてはなりません。本来であれば、外に持ち歩くだけで紛失の可能性が高まるため、自宅に保管しておきたいところですが、所持していなければ警察は現行犯逮捕をすることも可能です。厳密には認められておりませんが、せめてコピーだけでも所持するように心がけましょう。

パタヤの港

もう一つ、タイでよくあるトラブルが、宝石がらみのトラブルです。タイはルビーの生産地であることから、原石を日本よりもだいぶ安く買うことができます。それに付随してシルバーアクセサリーなども安くて種類が豊富なので、日本からもルビーの買い付けの業者や、アクセサリーショッピングを目的とした観光客が多く訪れます。近年、タイ国政府観光庁には年間、1000件を超える宝石がらみの苦情や問い合わせが殺到しています。

極端な値引きをするお店や、客引きがしつこいお店では、偽物を取り扱っている場合もあり、また、ご自身で納得して購入した場合でも、領収書や保証書に店名、住所、電話番号、購入日、品名がきちんと明記されているかを確認することをお勧めします。

道を歩く時にも注意が必要です。タイでは自動車学校というものが存在しておらず、車の運転は家族や知人に教えてもらい、免許を取得します。そのため、日本ほど交通ルールや車の仕組みを把握していない人が運転をしていることもあります。

当然、事故は多く、タイの都市部では、いつも渋滞しているためスピードが出せないので大きな事故にはいたりませんが、比較的道路が空いている都市部以外の地域では、スピードを出し過ぎることが原因の重大事故が多発しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー