タイ-ビザ-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パスポートとビザ

タイへ入国をする際は空路・陸路ともに30日まではビザがなくても滞在をすることが可能です。以前は、タイ国内に長期滞在をするために、滞在期限が満了する直前に陸路を利用して近隣の国などに出国し、すぐにタイ国内へ再入国を行うビザランという方法が行われており、これにより事実上ビザの取得をしていなくても、 タイ国内でのロングステイは可能でした。しかし、ビザランが廃止され、現在ではこの方法でタイにロングステイをすることは出来ません。

そのため、ロングステイを希望する外国人は目的に合ったビザの取得が求められます。最も取得しやすいビザは観光ビザです。シングルとマルチプルとあり、有効期限や滞在日数が異なりますが、マルチプルの取得は、基本的に(日本人は)日本の大使館でしか申請できず、ハードルも高いので難しいでしょう。シングルは日本の大使館の他、ラオスやマレーシアなど隣国でも申請することができ、そちらの方が簡単に取得をすることができます。シングル1枚で60日の滞在が可能ですが、タイ国内のイミグレーションで30日の延長をすることができ、これによって滞在可能期間は合計90日までとなります。

観光以外の目的で滞在する場合には、ノンイミグラントビザが必要となります。滞在期間は90日間で、発給日から3ヶ月間有効のシングルは申請料が6,000円、1年間の有効期限があるマルチプルは15,000円です。駐在員や現地採用者など、タイ国内で長期就労する人も、このビザが必要となり、入国前に取得をし、一時滞在の許可を得てから、現地で仕事を開始した後に移民局で滞在ビザへの切り替えが必要となります。また、外国人職業規制法に定められ、就労、自営に関わらず、労働省にて労働許可を取らなくてはなりません。企業に雇用されている場合は、法的手続きを企業が行うのが一般的ですが、念のために確認をしておく必要があります。

お金とリタイアメントビザ

また、日本人のシニア世代から人気があるビザで、リタイアメントビザがあります。リタイアメントビザには2種類あり、長期間滞在できるタイプはO-Aビザです。このビザを取得することができるのは、50歳以上で、タイ国内に80万バーツ(約210万円)以上の預金がある人、または1ヶ月に65,000バーツ(約17万円)以上の年金収入がある人、あるいは預金と年金の年間収入を合わせて80万バーツ(約210万円)以上ある人が対象となっています。

O-Aビザを取得することで、1年間の滞在が可能になり、その間は出入国が自由に行うことができます。また、満了期間になった場合は、1年ごとの更新ができます。注意点としては、90日ごとの外国人居住登録の更新手続きが、ビザとは別途必要になります。

夫婦で申請する場合は、それぞれがO-Aビザを取得する必要があり、2人分で160万バーツ(約420万円)の資産が必要となります。夫婦のどちらかだけがO-Aビザを取得した場合は、配偶者はノンイミグラントビザが必要となり、90日間の滞在が可能となります。この場合、ノンイミグラントビザを取得するために、夫婦関係を証明する戸籍謄本と日本公館発行の戸籍記載事項証明が必要です。

また20歳未満のお子さんが同行する場合は、家族用滞在許可が適用されないため、通学年齢の子供であれば留学用の滞在許可の取得が必要で、それ以外の場合は観光ビザが必要となります。

リタイアメントビザでもう少し短期間の滞在を考えている場合は、年金ビザがあります。年金ビザの場合は資産条件などが厳しくなく、60歳以上で年金受給額が月に15万円以上ある人が対象となります。滞在期間は90日と短く、延長申請は可能ですが移民局の判断により却下される場合もあります。

※こちらの記事の日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

※ビザのルールは頻繁に変わります。渡航をお考えの方は、必ず事前に大使館などでご確認下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー