カナダ-オススメの理由-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カナダ・メープル

カナダは、ビザがなくても6ヶ月までの滞在が可能で、限度回数である2度の延長をすることにより、1年半もビザ無しで過ごすことができます。そのため、ビザの手続きにあまりにも時間がかかることを懸念している方や、ビザの取得がなかなか出来ない人でも、渡航しやすい条件となっています。トロントやバンクーバーなど大きな都市は日本と同等の生活を送ることができますが、一部の食料品などは日本よりも物価が高い傾向にあります。

しかし、生活費全般で考えると日本より高くなることはあまりなく、広大な国土面積を持つだけあって、広い物件に住むことも可能です。日系企業の駐在員以外の日本人が就労することは難しく、高い語学力と専門の知識、実務経験などが必要となります。

ただし、トロントなどの主要都市では、日本食レストランが非常に多いため、サービス業への就労はチャンスがあります。しかし、多くのアジア人が住んでいるため、かなりの競争率となり、必ず就労することができるとは限りません。また、カナダは移民を積極的に受け入れている国のため、永住権を申請することができます。一般的には、ポイント制度を用いており、年となっています。

雪とバス

カナダの魅力の一つして、豊かな自然と気候があります。バンクーバーはカナダの中でも比較的温暖な都市として知られていることから非常に人気が高いですが、寒さの厳しい地域への滞在者も多く、スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツを楽しんでいます。また、カナダは特に避暑地として利用するには最適な国です。ビザがなくても、長期間の滞在が可能なため、冬場の厳しい時期が来るまで、ゆっくりと過ごし、冬が来る頃に日本に帰国するという方法もあります。

カナダ国内は6つの時間帯に分かれており、日本との時差はマイナス12.5時間~マイナス17時間となっています。国内だけでも4.5時間も時差があるため、移動の際や国内旅行の計画を立てる際には、充分な注意をしましょう。さらに、4月の第1日曜日から10月の最終土曜日までサマータイムが実施され、1時間早くなります。(サスカチュワン州はサマータイムを採用していません。)

中国や韓国、台湾からも移住者が多いカナダは、都市によっては人口の約40%をアジア系の移民が占めているところもあります。北米の気候を満喫しながら、アジアの習慣や食文化も楽しむことで、さまざまな体験をすることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー