カナダ-ビザ-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カナダへの旅行者

観光目的でカナダに入国をする際には、ビザが不要で、6ヶ月まで滞在することができます。さらに、滞在期間が終了となる2ヵ月前までに申請を行うことで、1回につき6ヶ月の滞在期間の延長ができます。また、この延長は合計2回まで申請することができるので、ビザがなくても最長1年半はカナダに滞在することが可能となります。

カナダで就労を行う際には、就労許可証が必要となります。雇用主が人材開発省に対して、日本人の雇用を希望するという旨を、なぜ日本人が必要なのかを明確に記載した書類と共に提出する必要があり、さらに地元の媒体に求人広告を出すなどの行動を行い、カナダ人や永住者の中に該当者がいないことを証明しなくてはなりません。

その後、面接や健康診断を経て、無事に取得できると、その就労証明書は1年間有効となります。毎年の更新手続きが必要ですが、きちんと手続きを行っていれば、最長5年間は更新することができ、5年以上の場合は永住ビザを申請します。外交官やスポーツ選手など一部の職業によっては、就労許可証が免除されます。

また、留学生用のプラクティカム許可証でも、学業終了時から1年間の就労が認められています。ただし、この許可証の場合は、延長や更新が認められていないため、延長を希望する場合は、通常の就労許可証へ切り替えなければなりません。しかし、留学先の卒業証明書や成績証明書、雇用主が引き続き雇用したいという意思表明をしている手紙がさえあれば、あとはパスポートのコピーを添えて申請をするだけで、健康診断や面接もなく、すんなりと就労許可証を取得することができます。

留学生と語学教師

また、6ヶ月以内の通学や語学研修などの場合、特別なビザは必要ありませんが、6ヶ月以上の通学を伴う留学や語学研修には、就学許可証が必要となります。在日大使館への郵送か書類を持参するだけで、特に問題がなければ1ヶ月以内に仮の就学許可証を発給してもらえます。

入国時に審査官に提示すると、滞在条件と有効期限が記された正規の就学許可証と交換されます。ただし、カナダでは日本や他国と異なり、各州が独自に成人の年齢を設定しており、留学を希望している州で、未成年者に該当する場合はカナダ在住の後見人が必要となります。

また、ワーキングホリデービザを取得すると、1年間の就労許可を得ることができます。人数に制限がありますが、近年は定員割れの状態が続いています。条件が幾つかあり、申請を受理した時点での年齢が18歳~30歳であること、入国前にカナダでの仕事が内定していないこと、最低2500カナダドル(約20万円)の資金を有していること、滞在期間中に有効な医療保険へ加入していること、などが挙げられます。

1年間の就労期間が切れる2ヵ月前までに滞在資格を変更することで、カナダに引き続き滞在することもでき、条件を満たしていれば、一般就労許可証への変更も可能です。

※ビザのルールは頻繁に変わります。渡航をお考えの方は、必ず事前に大使館などでご確認下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー