カナダ-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カナダの医師

医療設備が充実しており、医師のレベルが高いカナダでは、日本で生活している時と同等の、落ち着いた環境の中で診察や治療を受けることができます。大きな都市では、日本人医師や日本語を話すスタッフも存在するため、そのような病院を選べば、英語に不安のある方でも言葉の不自由さを感じることがありません。

医療システムが日本と異なる点は、総合病院では一般患者が診察や治療を受けられないことです。緊急の場合は除きますが、基本的に総合病院は手術や精密検査、救急患者の救命や処置を行うところであり、風邪などの軽い病気や重症ではない症状をお持ちの場合は、生活している地域のクリニックに通います。

一般用のクリニックで診察や治療を受けたのちに、ホームドクターが総合病院での精密検査や診察が必要だと判断した場合のみ、総合病院を紹介してくれます。この一般的なクリニックでさえも予約制となっているため、あらかじめクリニックに向かう前に予約を入れることを忘れずに行うようにしましょう。

また、外国人旅行者を対象にしたウォークインクリニックという診療所があります。ロングステイの場合、住所がカナダになっているか、日本のままかによって、旅行者と判断されるかどうか異なりますので、最寄りの診療所で確認をする必要があります。ウォークインクリニックは、観光客なら予約をしなくても利用できるというメリットがありますが、通常のクリニックよりは割高になるため、滞在者にはあまりお勧めできません。

カナダの看護師

ただでさえ、カナダの医療費は非常に高額で知られているため、保険に入っておくことをお勧めします。保険に入っていない場合は、いかなる場合も全額負担になると思っていて良いでしょう。もちろん現地で保険に加入することも可能ですが、日本とは異なり、加入の手続きに時間を要します。また、手続きが完了してからも、実際にその保険が使用できるようになるまで約3ヶ月かかることも多いため、出発前に余裕を持って日本国内で保険に加入しておく方が確実です。

また、日本国内でも定期的に通院している方や特定の薬を服用している人などは、あらかじめ医師に相談をして英文の処方箋を持参しておくことをお勧めします。カナダでは薬局で薬を購入する際に処方箋が必要となり、持参していない場合は購入することができません。(解熱剤などの成分が軽い薬や包帯などの怪我に関する商品は除きます)

カナダで救急車を呼ぶ場合は911に電話をします。この番号は救急車だけではなく、消防と警察も共通の番号になりますので、電話の際には救急である旨をまず話してから、詳しい情報を伝えます。

救急車は有料で約500カナダドル、日本円に換算して約4万円が掛かり、後日請求書が送られて来ます。救急車の利用料金もカバーされる医療保険も数多くありますので、保険を選ぶ際に、ポイントにしておきたい項目の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー