記事公開日:最終更新日:

カナダ-治安-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
隠れてる犯罪者

治安の良いイメージがあるものの…

数ある先進国の中でも、カナダは治安の良いイメージが強い国ですが、日本に比べると犯罪発生率は高く、例えば殺人件数だけを比較してみても、カナダは日本の4.6倍と高い数字になっています。もちろん、治安の良いエリア、悪いエリアはあり、どこでも緊張感に包まれているわけではありませんが、のんびりとした日常に慣れてしまうと、油断をしてしまいがち。特にスリや置き引き、ひったくりなどの軽犯罪には気をつけましょう。

特に気をつけたい場所はファーストフード店やカフェ。カナダに限ったことではありませんが、日本で暮らしている時と同じような感覚で、座席を確保しようと上着や荷物をテーブルや椅子の上に置いて席を離れてしまうと、どんなに注意深く座席の方向をチェックしていても、ほんの一瞬の隙をついて盗まれてしまう事があります。海外で置き引きの被害に遭った人のほとんどは、目を離したつもりもなく、しっかりと荷物を見張っていたと思っています。それほど、犯罪者は手馴れており、決して見つからないように盗んでいきます。

カナダ国内の犯罪に関するデータ

まずは、グラフをご覧下さい。国連の統計局によるカナダ国内の犯罪データです。イメージを掴みやすくするために日本のデータも併記します。

殺人件数 暴行件数 誘拐件数 窃盗件数 強盗件数 性的暴行件数
マレーシア 2013 1.4 139.8 9.2  1381.1 66.0 75.0
日本 2014 0.3 21.0 0.2 356.2 2.4 6.8

※単位は10万人あたりの人数
データ参照元:国際連合世界統計年鑑 NR=報告・データなし

発生率が高い暴行と窃盗

カナダと日本の犯罪データを比較すると、すべての項目においてカナダの方が高い犯罪発生率になっています。とりわけ暴行(日本の約6.7倍)と窃盗(日本の3.9倍)の数字が高い傾向にありますが、強盗(日本の27.5倍)や性的暴行(日本の11倍)も多く、たとえ治安が良いとされている都市であっても、道1本入るだけで雰囲気がガラリと変わることも珍しくありません。

例えば、住みやすい都市として知られるバンクーバー。人気が高く、比較的安全なことから、日本人も多く暮らしている都市ですが、ウエスト・ヘイスティングス周辺は、北米の中でも治安が悪いエリアとして有名です。道には麻薬中毒者やホームレスが多く、店には鉄格子がされていて、ただならぬ雰囲気が漂っています。同様にバンクーバーのチャイナタウンも夜は歩かない方が良いと言われています。

犯罪注意!

物乞いや麻薬中毒者も

また、カナダで気をつけたいことの一つとして、物乞いの存在が挙げられます。東南アジアの物乞いは、道端にカップを置いて座り込み、お金を置いてくれることを待っているタイプがほとんどですが、カナダの物乞いは、カップを手にして自ら集金のために声を掛けて来るので、初めて遭遇した時は驚くかもしれません。

そのような時は決してお金を渡さず、その場から立ち去るようにしましょう。少しばかりのコインを渡すことで飢えから解放されるのではないか…と思ってしまいますが、そのお金で食料を買うとは限らず、麻薬などのドラッグを購入する可能性も否定できません。公園でも堂々と麻薬を吸っている人に出くわしてしまうなど、ドラッグに関しては、やや野放しになっており、注射器が落ちていることも珍しくはないので、興味本位で近寄らないように注意をして下さい。

なお、トロントでは日本人のパスポートを狙った国際犯罪組織がいると言われています。空港やホテルなど観光客の多い場所で狙われやすいため、移住者が遭遇する確率は低いでしょうが、海外生活を始める初日から被害に遭ってしまっては、これから暮らす国のイメージが悪くなり、せっかくのロングステイが楽しめなくなるので、慎重な行動を心がけましょう。

カナダで事件に巻き込まれたら

カナダに限らず、どこの国でも身の安全を第一に考えて行動することが鉄則です。例えば、ひったくりに遭った場合、奪われた金品を奪い返そうとするのではなく、自分の命を最優先に考え、安全な場所へ身を移すようにしましょう。奪われた物が返って来ることはありませんが、海外旅行保険などに加入していると、後に保険金を請求できることもあります。請求の際、多くの保険会社では現地の警察によって作成された証明書が必要になります。どのような書類が必要で、どのタイミングで申請を行うのか?保険に加入する時は細かいことまでチェックをしておきましょう。

カナダ国内での主な緊急連絡先一覧

カナダ国内での主な緊急連絡先を記載します。都市によって電話番号や連絡先の大使館・領事館が異なる場合があるので、住むエリアが決まったら必ず緊急連絡先を確認し、何かあった際に直ちに連絡できるよう、メモなどを残しておきましょう。

◆警察 911
◆救急車 911
◆消防 911
◆在カナダ日本国大使館 613-241-8541
◆在モントリオール日本国総領事館 514-866-3429
◆在バンクーバー日本国総領事館 604-684-5868
◆在カルガリー日本国総領事館 403-294-0782
◆在トロント日本国総領事館 416-363-7038

アクセスメニュー