カナダ-治安-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
隠れてる犯罪者

数ある先進国の中でも、カナダは治安が良いことで知られていますが、日本に比べると犯罪発生率は約3.8倍になります。隣接するアメリカの犯罪発生率が高いため、数字以上に治安が良いと思われがちです。イメージだけで治安が良いと思い込んでしまうと、トラブルや犯罪に巻き込まれてしまいます。

とは言え、厳しく銃規制がされているため、凶悪犯罪の類は多くなく、ほとんどがスリや置き引き、ひったくりです。主に狙われるのは、多額の現金を持ち歩いている可能性の高い観光客ですが、日本人だと言うだけで、移住者も狙われやすい状況に変わりはありません。

他人が見ている所で財布を開く行為や、お金を見せる行為は行わないようにしましょう。スリやひったくりは、どこで見ているか分からず、お金があることが分かると、ターゲットにされてしまいます。

また、ファーストフード店やカフェなどで、日本にいる時と同じような感覚で座席を確保するために、上着や荷物をテーブルや椅子の上に置いたまま、席を離れてしまうと、どんなに注意深く座席の方向をチェックしていても、お会計の際や商品を受け取る際の、ほんの一瞬の隙をついて盗まれてしまう事があります。カナダに限らず、海外で置き引きの被害に遭った人のほとんどは、目を離したつもりもなく、しっかりと足元や背中に置いた荷物を常に確認していたと思っています。それほど、犯罪者は手馴れており、見つからないように盗んでいきます

犯罪注意!

また、ホームレスやドラッグ中毒患者が物乞いをしてくることもあります。そのような場合は、決してお金を渡さないように注意が必要です。少額の紙幣やコインなどを渡すことで、餓えから少しでも救われるのではないか、と思ってしまいますが、人助けにはなっておらず、そのお金が当人たちの手に渡るとは限らず、また、ドラッグ中毒患者は、渡したお金で新たにドラッグを買ってしまいます。

犯罪が多い場所として空港やホテルなどが、挙げられます。これらは観光客を狙っているため、移住者が遭遇することはめったにありませんが、海外生活が始まる初日から被害に遭ってしまっては、生活する国のイメージが非常に悪くなり、せっかくの海外生活が楽しめなくなるので、慎重に行動を取るようにしましょう。特にトロントでは日本人のパスポートを狙った国際犯罪組織がいると言われています。

また、カナダでの生活を始めたら、治安の悪いエリアには近寄らないように注意をする必要があります。バンクーバーでは、ダウンタウンイーストが治安の悪さで有名です。麻薬中毒の患者やホームレスが多く、物乞いにしつこく追いかけられる危険性もあります。周辺にあるチャイナタウンやガスタウンは観光地としても有名で、昼間、人気の多い道を歩いている分には問題ありませんが、裏道や夜道などには危険が潜んでいる可能性もあるので、なるべく1人では近寄らないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー