カナダ-文化-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
万国旗

カナダにとって日本は、アメリカ、中国に次いで3番目の貿易国であり、経済だけではなく政治問題でも、友好な関係を築くことができている国です。

また、移住やロングステイと聞くと、暖かく温暖な国や地域に人気が集中しているように思えますが、実はカナダでは既に45,000人以上の日本人移住者が生活をしており、移住先として、とても人気が高い国となっています。

人気の理由の一つに治安の良さがありますが、同様に、人種や民族、国籍などに捉われない平等な社会づくりに取り組み、アジアや南米からの移住者も積極的に受けて入れている点があります。多民族国家として、人権に対しての高い意識が、国民全体にまで広がっていることを感じ取ることができる国です。

人権に対する高い意識は、人種や民族に関するものだけではなく、高齢者や障害を持つ方に対しても、思いやりがあり、真っ先に公共の場にバリアフリーを取り入れ、公道や交通機関、ショッピングモールなど、足腰が弱く不自由な高齢者や、車椅子での生活を送る障害者にとっても、生活のしやすい環境が整っています。

カナダの教会

また、カナダ人の多くはキリスト教徒でその割合は約8割弱にもなります。しかし、宗教が政治や文化にまで大きな影響を及ぼすことのあるアメリカとは異なり、カナダの場合は、少々様子が違っています。

それは、教会への出席率を比較すると予想をすることができるのですが、アメリカ人のキリスト教徒で、教会に通わない人が8%しかいないことに対し、カナダ人のキリスト教徒の場合、教会に通わない人が約40%近くも存在しています。また無宗教も16%超と多く、宗教的なタブーや差別はあまり無い国です。

公用語は英語とフランス語で、公共機関での書類などは、どちらでも受け取ることができます。日本人が生活する地域では、英語だけでも通じることが多いため、言葉による不便な点はあまりありません。また、カナダ人の祖先の多くは、ヨーロッパからの移民であり、人種別に見ると、イングランド系やフランス系、スコットランド系、アイルランド系、ドイツ系、イタリア系の順に多いですが、現在に至っては、あまり気にしていない人も多く、既にアイデンティティはカナダ人として成立しています。

カナダの文化は度々、進歩的であり多様で多文化主義的、と言われることがあります。先祖の多くがヨーロッパからの移民であることや、アジアや南米からの移民者も多いことが、このような独自の文化を形成することができた理由の一つでもあり、それぞれの土地柄の文化が重なりながら融合し、憲法でも多文化主義が守られていることから、それぞれの政策が無事に実行されてきたと考えられます。

公的医療保険や非常に厳しい銃の規制の他、日本では考えることもできないような国の政策も幾つかあり、例えば富の再分配を目的とした高い税金、同性愛者同士の婚姻、死刑制度の廃止、貧困を撲滅するための運動、多文化主義の推進など、国が先陣を切って差別をなくし、文化上の社会的な価値観を反映した政策を行うことで、優しい社会づくりが遂行されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー