カナダ-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ワークパーミット

カナダで仕事をする際に、まず気をつけておかなければならないことは、ワークパーミットと呼ばれる、労働許可証を取得することです。これを取得することでSIN(social Insurance Number)と呼ばれる社会保障番号を得ることができ、このSINを持っていることで給料の受け取りや所得税の処理が可能になります。

ワークパーミットを取得するには、雇用主からのジョブオファーとHRSDC(カナダ人材技術開発省)による承認が必要となります。ただし、ワーキングホリデーでカナダに滞在している場合は、ワークパーミットを既に取得している状態のため、ジョブオファーを雇用主に書いてもらう必要はなく、雇用主と面接をして採用されると、すぐにでも就労することが可能です。

働くことができる期間は、ワークパーミットで許可されている期間内に限定されています。ワーキングホリデーの場合も同様で、主に入国してから1年間となります。ワークパーミットに特定の条件が提示されている場合は、そちらが優先され、有効期限が過ぎているのに働いていた場合は、例え雇用契約の最中であっても違法になるので、自身での注意が必要です。

日本文化が徐々に浸透しつつあるカナダでは、日系企業、なかでも日本食レストランが定着をしてきており、日本人向けの求人を出しています。募集要項が掲載されるのは、日系の新聞になるため、発行日(主に週1回~月数回)にしか新着の情報を確認できず、非常に競争率が高く狭き門になっています。

インターネットを活用することで、もっと細かな情報を得ることも可能ですし、日本のエージェントが間に入っているサイトでは、レストランに限らず一般事務職からツアーオペレーターまで様々な業種の求人情報を閲覧することが可能です。日本語で詳細まで確認できるのですが、カナダで働くには、ほとんどの場合において高い英語力が必須となります。

レジュメ

カナダでは、日本の履歴書とは異なりレジュメを提出します。面接の際に持参する場合と、面接の前にあらかじめレジュメを送る場合があります。レジュメには決まった書式があるわけではなく、日本で言う職務経歴書みたいなもので、写真を貼り付ける必要も、性別や国籍(出身地)、家族構成などを記載する必要はありません。仕事においての経験やアピールポイントなどを綴り、あとは名前や住所、希望する職種などを記載します。

レジュメを送付する際は、レジュメだけを送るのではなく、カバーレターという手紙を添え、仕事への情熱や想いを綴ります。レジュメで立派な経験をアピールすることができても、カバーレターの人柄の部分で不採用になることもありますので、必ず2つでセットになることを念頭に置き、丁寧に書くようにしましょう。

給与の金額やボーナスは、企業や業種によって大きく異なり、また最低賃金や労働基準法も州によって異なるため、事前に確認しておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー