インドネシア-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インドネシアの医療機関の中には、夕方から診察を行うクリニックが多く存在します。個人開業医の医師の多くは、朝から夕方までの間は、総合病院に勤務をしており、勤務を終えた後に自身が経営するクリニックの診察を開始します。そのため、クリニックには朝一番で診察に行っても開いていないこともあり、夕方以降にもう一度訪問する必要が生じてしまうので、風邪や軽い怪我など、緊急を要しない場合は、夕方から通院すると良いでしょう。

地球儀と聴診器

インドネシアは、地域によって医療レベルに差があります。とは言え、日本人の移住者の多くが生活しているジャカルタやバリ島は、高水準の医療レベルが整っており、日本を始めとする先進国で医業を学び、経験を培ってきた医師が多く存在します。

ジャカルタでは日本人医師が常駐している病院もあり、言葉の面で不安に感じることはありません。ただし、日本人を含む外国人の医師が、インドネシアで直接的な医療行為を行うことは許可されていないため、医療相談という形になり、実際に日本人医師が治療の指揮を執ることはありません。

しかし、ジャカルタにはインドネシア人医師でも日本語を話せる医師が多く存在し、さらに看護師やスタッフもある程度の日本語を理解できることがあるため、あまり言葉の面で不安にならなくても大丈夫です。

インドネシア人医師と看護師

同様に、バリ島にも日本政府の協力のもとで作られた病院があり、日本語を話すことができる医師や看護師が常駐しています。それらの病院のほとんどは私立病院のため、施設や設備や整っていますが、医療費は国公立の病院よりも割高になるので、あらかじめ保険に入っておくことが必要です。

一方、ジャカルタやバリ島などをはじめとする大きな都市と比べて、その他の地域では医療面でのレベルが日本の水準よりも大きく低下しており、重病の場合はジャカルタの他の病院や、シンガポールなどの隣接する他国へ移送されます。治療の開始が遅れるなど、問題もあるため、そのような地域で生活することを考えている方は、万が一の場合、どのように行動するのかを、事前に決めておいた方が良いでしょう。

また救急車を呼ぶ場合は、118番です。日本と異なり、消防とは別の救急専用の番号が用意されています。外国にしては珍しく、救急車を無料で利用することができます。同一エリア内なら、状態に応じては病院の指定も可能ですので、言葉に不安がある人は、あらかじめ日本語が通用する病院の名前を覚えておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー