記事公開日:最終更新日:

インドネシア-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ジャカルタで見つけた吉野家

日本人向け求人は英語力が必須

インドネシアには自動車やバイク、電気関連をはじめとした多くの日系企業が進出しています。さらに、これらの日系企業を顧客とする商社も数多く、1,000社以上の企業が日系企業との関わりがあると言われています。

日本人向けの求人は決して少なくはなく(タイほど多くもありません)、公用語であるインドネシア語は、通訳など一部の職種を除いては、あまり重視されていません。その代わり、英語のスキルを必須条件として挙げている企業がほとんどです。もちろん、インドネシア語もできることで、応募の幅は広がり、より自分の希望の合った仕事を探すことが可能となりますが、2つの言語を習得することが難しい場合は、英語だけでもビジネスレベルで使えるようにしておきましょう。

以前のインドネシアでは、言葉さえ話せれば未経験でも、やる気や仕事への姿勢を評価して採用に至ることもありましたが、現在は外国人雇用に関する労働法が改正されつつあり、実務経験の有無や日本での職歴を厳しくチェックされます。よって、英語が堪能で特殊な能力や経験を持っている人ほど転職活動において有利になる図式は、日本国内での転職活動と、さほど変わりません。しかし、インドネシアの文化や習慣、ビジネスなど、あらゆる面で駐在員より詳しい場合は、現地採用の際に大きな武器と判断され、語学や経験をカバーできると考慮され、採用に至るケースも稀にあります。

インドネシアに多いレバラン手当とは?

給与に関しては、企業や経験の有無などにより大きな開きがあるので、一概に相場を示すことは難しいでしょう。例えば、営業職で未経験者の場合、月給は約1,000~2,000USドル(約11万円~22万円)から始まりますが、経験者になると2,000USドル以上からスタートになることが多く、それは技術職など他の職種でも同じような傾向です。

ちなみに、インドネシアでは外国人との契約の際に条件提示をUSドルで行うことが多く、現地通貨で提示されることはあまり多くありません。また、ボーナスに関しては企業や個人の実績によって異なり、全く支給されないケースもありますが、それでも大半の企業ではボーナスとは別に、レバラン手当が支給されます。

このレバラン手当とは、労働法でも定められているもので、イスラムの断食明けの祭であるレバランに入る前に給料の1ヶ月分が支給される制度で、会社や個人の業績は関係なく、イスラム教以外の人にも支給されることがほとんどです。

また、通勤の際に公共の交通機関を使うことは珍しく、基本的には社用車での送迎か車が支給されます。車が支給されない企業でも、タクシー費用など交通補助があるので、別途で交通費が与えられるケースはほとんどありません。住宅手当に関しては、企業によって異なりますが、支給される場合は300USドル(約33,000円)が目安となっており、住宅手当を支給しない代わりに、社宅を提供してくれる企業もあります。

ジャカルタの味千ラーメン

インドネシアの求人の探し方

インドネシアの求人探しは、転職サイトを活用することで日本からでも行うことができます。また、首都のジャカルタでは現地にも日系の人材会社が10社以上あるので、現地滞在中に仕事を探すことも可能です。

職種としては営業職が最も多く、次いで経理や法務などの専門職、工場での製造または管理業務が目立ちます。近年では、ホテルや飲食業などサービス業の募集も増えて来ました。しかし、いずれの場合でも、やはり高い語学力が求められ、さらに業務経験や学歴(大卒)も重視されており、新卒でインドネシアに就職したい方もいるかもしれませんが、新卒では法律上、ビザが付与されません。

オススメの転職エージェントは?

日本から登録や求人検索をすることのできる転職エージェントを幾つか紹介します。

RFG
リクルートの海外人材紹介事業。営業やコンサルタント業務、サービス業など幅広い求人を掲載しています。

カモメアジア
東南アジアに強い転職エージェント。募集求人を職種から絞り込むことができます。

Reeracoen Indonesia
日系企業の求人情報が多く、給与面でも好条件の案件が豊富です。就業後もサポートを続けてくれるので、安心した転職活動を送ることができます。

他にも、インドネシアをはじめとする海外求人を取り扱っているサイトは多数ありますが、非公開求人(web上では公開せず登録をした人のみに提供される求人)もあるので、時間を掛けてじっくりと探してみましょう。

※こちらの記事の日本円の表記は2017年6月のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

アクセスメニュー