オーストラリア-文化-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
固い握手

オーストラリアと日本は、貿易によって友好な関係を築いています。日本は、資源豊富なオーストラリアから、石炭や石油ガスなどのエネルギー源や牛肉や穀物などを輸入しています。

一方で、日本からオーストラリアへは自動車や建設用の機械などを輸出しており、経済面での相互関係が構築されています。また、政治的にもオーストラリアは昔から日本の立場を支持してくれる国で、安全保障の面でも連携が築かれています。昨今、捕鯨に関する話題で、オーストラリア内において日本に対する抗議活動が行われましたが、基本的にオーストラリアには親日家が多く、日本語教育が盛んです。公用語は英語ですが、第二外国語として日本語を選択する人も多く、日本文化に興味を持つ人も少なくありません。

1960年代以前は、イギリスやアイルランドから多くの移民が集まり、なかでもヨーロッパからの移民が多かったため、白人以外の移民を制限する政策が行われていましたが、1960年代の後半になると、白人以外の移民を受け入れるようになり、人種差別を無くしました。

その結果、現在ではオーストラリアに住む人口の約6%をアジア人が占めるまでになりました。多くの国からの移民を受け入れるようになった為、オーストラリアの全人口の約25%弱が外国生まれとなり、そのうちの約19%は父親もしくは母親のどちらかが外国人となっています。
出身国の数は140か国以上にもなるため、公用語である英語以外にも100種類以上の言語が話されています。したがって、信仰する宗教も多様であり、キリスト教以外にもイスラム教徒や仏教徒も多く存在しています。

オーストラリアの草原

世界で6番目に広い面積を誇るオーストラリアですが、降水量が少なく、土壌の栄養分が乏しく、塩害が発生しやすいエリアが多いので、国土の約40%が人間の生活には適していない非居住地域となっています。このような環境が影響して、広い国土と温暖な気候にも関わらず、オーストラリアの農業は生産性が極めて低く、河川から海へと流れる水も栄養分に乏しいため、漁業生産も厳しいものとなっています。さらに追い打ちをかけるように、近年の地球温暖化の影響で、降水量がますます減り、農業をはじめとする産業は大きなダメージを受けています。

オーストラリアの習慣の中で、日本の文化には馴染みのないものの一つにチップがあります。アメリカなどでもチップの習慣があり、日本人はチップを渡すタイミングや金額など、必要以上に気にしてしまいます。レストランやタクシーなどでのチップは、お釣りとなる小銭を支払うだけでも充分です。日本人は几帳面なため、10%を渡さなければならないのではないか、と計算をして細かくチップの金額を算出して渡す傾向にありますが、あまり神経質にならずに端数を渡せば問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー