オーストラリア-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オペラハウスと海

オーストラリアで働くためには、TAX FILE NUMBER(納税者番号)が必要となります。この番号があることで給料をもらうことや、税金を納めることができます。オーストラリアで働き、収入を得る場合は、僅かな収入でも必ず納税の義務があるため、この納税者番号は必ず必要となります。

納税者番号の取得は、オーストラリアに入国してからインターネット上のオンラインで申請をすることができます。以前はパスポートの提示や送付が必要だった為、非常に手間がかかりましたが、現在ではそれらが割愛されているので、非常にスムーズで申請から約2週間でオーストラリア国内の住所に送付されます。

海外赴任をしている日本からの駐在員などを除くと、ほとんどの場合はワーキングホリデーのビザを利用して仕事を行います。このビザの場合、同一労働者のもとで働ける期間が最長6ヶ月と決まっており、雇用契約の最中であったとしても、6ヶ月以上同じところで働いていると、不法就労で違法となり、即刻強制送還されてしまいます。周りの人がどんなに大丈夫だと言っても、結果として様々なところに迷惑をかけることになるので、自己責任で、しっかりと期限を確認するようにしましょう。

一方で、語学留学をはじめとする様々な分野での知識や技術を学ぶために入国した学生ビザの場合は、同一労働者のもとで働ける期間に期限がありません。その代わり、1週間の労働時間は20時間までと時間的な制限があるため、アルバイトで生計を立てることは難しいでしょう。ワーキングホリデービザや学生ビザで働きながら、仕事に対する姿勢や実力が評価されて、雇用主から正式な就業を依頼されると、ワーキングビザを雇用主が申請してくれます。

ワーキングビザを取得するには、この流れが一般的ですが、簡単に許可されるものではなく、その人でなければならない技術力や、日本人を雇用する理由が明確でない場合は、却下されることがあります。

パースの街の風景

日系の企業もありますが、仕事先として募集が多いのは、旅行業界や日本食レストラン、日本食糧店や免税店などのサービス業となっています。高い英語力が求められるのはもちろんのこと、実務経験も問われます。残念ながら、ワーキングホリデーを対象とした募集は年々少なくなっていますが、新聞広告や店舗での貼り紙、インターネットサイトなどから求人を探すことができます。

雇用形態や企業によって、給料は大きく異なり、飲食店スタッフの平均月収は約4001オーストラリアドル(約335,000円)となります。この金額は、ある程度の経験を積んだ正社員の給料のため、アルバイトの初任給ではもっと低い金額になります。交通費や手当に関しても企業によって異なりますが、正社員になる前の段階では、手当が支給されることは、ほとんどありません。

※こちらの記事の日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー