オーストラリアの物件|海外移住・留学・転勤のサポートサイト

海外移住人気国ランキング
  • 1位 マレーシア移住
  • 2位 タイ移住
  • 3位 フィリピン移住
  • 4位 インドネシア移住
  • 5位 カナダ移住
  • 6位 ハワイ移住(アメリカ移住)
  • 7位 オーストラリア移住
  • 8位 ニュージーランド移住
  • 9位 スペイン移住
  • 10位 シンガポール移住
カテゴリ別移住ランキング
  • 総合ランキング
  • 安さで選ぶ
  • 治安で比べる
  • 定年退職者が選ぶ
  • ビザ取り易さ
  • 気候・風土で選ぶ

イジューの部屋

オーストラリア  -物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
不動産の光景

オーストラリアでは、日本で多くの人が参考にしているような物件情報誌は、あまり手に入らず、一般的には不動産屋を介して物件を探します。 その他にも、日本人が多いエリアのレストランや食品店では、主に日本人向けの物件紹介を掲示している案内を見ることができますし、 街中を散策している時にFor Rentと書いた紙を見つけた場合は、その物件に空きがあるということを意味しているので、直接大家と交渉をすることが可能です。

オーストラリアの物件には様々な形態があり、予算や滞在日数、立地条件などを考慮しながら物件を選ぶことができます。 広大な土地のため、一軒屋の賃貸物件も数多く、立地や物件の状態にもよりますが、ほとんどの場合、東京で借りるよりも安く借りることができます。 人気があるタイプは長屋のように一軒家が連なったテラスハウスと呼ばれるもので、都市部周辺にあることから、交通の便や買い物にも便利です。

このテラスハウスの形態に、小さな庭が付いているものはタウンハウスと呼ばれています。庭は各戸ごとに付いているため、自由に使うことができます。 ただし、庭が付いている物件のため、都市部よりは郊外に多く、毎日もしくは頻繁に都市部に通う予定がある方は、少し不便さを感じます。 他の住居者との共有になりますが、専用の公園やプールなどが完備されているタウンハウスもあるため、小さなお子さんがいる家庭では、遊びに困ることがありません。

フラットの中

フラットと呼ばれるマンションタイプの物件は、日本のアパートやマンションを指します。日本のマンションのように高い建物もあれば、アパートのように低層の物件もあります。ファミリータイプの間取りの部屋から、ワンルームタイプまで揃っており、家具や家電が備え付けられている物件も、多数あります。 テラスハウスやタウンハウス、フラットなどは、基本的には6ヶ月以上滞在することが契約の条件となっているため、 それより短い期間での滞在を考えている方は、借りることができないケースもあります。

家具や家電が揃っているアパートメントホテルやコンドミニアムは、設備が整っているおり、メイドサービスが付いているところもあるので、非常に便利ですが、 ホテルほどではないにしろ、やや割高になります。数週間~6ヶ月未満の場合は、ホリデーアパートメントが便利です。家具や家電が備え付けてあるだけではなく、 入居に関する面倒な手続きが一切なく、すぐにでも生活を始めることが可能です。 日本で言うところのウィークリーマンションのようなもので、物件によっては長期割引制度を実施しており、1ヶ月以上の利用で割引を行ってくれます。 経済的なうえに、プライバシーも守られているので、1人の時間を送りたい人には良いでしょう。

現地の方や海外から来ている移住者と共同生活を送りたい方、現地の文化や習慣に溶け込みたいと考えている方には、 ホームステイやファームステイ、ルームシェア用の物件もあります。

アクセスメニュー