記事公開日:最終更新日:

オーストラリア-物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不動産の光景

認識の違いでトラブルも!契約社会のオーストラリア

オーストラリアでは物件情報誌などが手に入らず、一般的には不動産会社を介して物件を探します。その他にも日本人向けの生活情報誌や、最近ではインターネットでも物件を探すことができるので、物件を探すこと自体は、あまり難しくありません。また、日本人の多いエリアのレストランや食品店では、主に日本人向けの物件紹介を掲示している案内も見ることもでき、街中でもFor Rentと書かれた紙が物件に貼ってあるので、いたるところで物件は見つかります。また、物件によっては大家さんと直接交渉を行うことも可能です。

しかし、言葉だけではなく文化や習慣も違うため、認識の違いが生じることも少なくはなく、トラブルに発展してしまう懸念も考えられます。特に、賃貸物件における退去に関するトラブルでは帰国後も引きずってしまうケースが見受けられるので、慣れない方や初めての賃貸契約なら日系の不動産会社によるサポートを受けた方が良いでしょう。

コンドミニアムに住む

オーストラリアは物件の種類が非常に多く、一言にコンドミニアムと言っても多種多様。家具家電の有無だけではなく、低層・高層・リゾート内物件など、滞在人数や目的に応じて選ぶことができます。セキュリティ面でも安心なコンドミニアムを賃貸物件として選ぶ際は、部屋や設備だけではなく周辺の住環境もチェックし、買い物や交通手段(バス停や駅)など、日常生活をイメージしながら検討しましょう。

また、オーストラリアは契約社会で、何よりも契約が重視されます。原則として、賃貸契約を一度でも結んでしまうと変更や取消ができないので、賃貸契約書にサインをする際は契約内容を充分に理解し、トラブル回避のために全ての疑問をクリアにしなければなりません。

なお、コンドミニアムに限らずオーストラリアでは、基本的に6ヶ月または12ヶ月からの契約期間に設定されており、家賃は週単位で前払いする方法が一般的です。

フラットの中

アパートメントに住む

個人でアパートを契約することも可能ですが、契約期間を6ヶ月以上に指定している物件が多く、それ未満での滞在を考えている方は、アパート(オーストラリアではアパートのことを主にフラットまたはユニットと呼びます)での賃貸契約は、一部のリゾート地を除いて、かなり難しいと言えるでしょう。しかし、オーストラリアにはホリデーアパートメントと呼ばれる短期賃貸型のアパートメントがあり、旅行者でも気軽に利用することができます。

難しい契約もなく、ホテルと同じようにネット(旅行サイトなど)でも簡単に予約ができるため、使い勝手は良いですが、やや割高になってしまうこともあります。また、一つのアパートをルームメイトとシェアするシェアアコモデーションやシェアハウスも盛んです。

一軒家に住む

オーストラリアでは一軒家の賃貸物件も珍しくはなく、立地や物件の状態にもよりますが、ほとんどの場合は東京で一軒家を借りるよりも安く借りられます。人気があるタイプは長屋のように一軒家が連なったテラスハウスと呼ばれる形態で、都市部周辺にあるため交通の便や買い物にも便利です。

テラスハウスに小さな庭が付いている物件はタウンハウスと呼ばれています。庭は各戸ごとにあるので、自由に使うことができますが、庭付きの物件は都市部よりも郊外に多く、毎日もしくは頻繁に都市部へ通う予定のある方にとっては、移動の不便さも覚悟しなければなりません。タウンハウスの中には、他の居住者との共有施設として、専用の公園やプールが完備されている物件もあり、小さなお子さんがいる家庭では、遊ぶ場所に困ることがないでしょう。

ホームステイをする

主に語学留学の生徒やワーキングホリデーの若者から人気の高いホームステイ。現地の一般家庭と生活を共にすることで、語学だけではなく文化や習慣を学ぶことができ、賃貸物件で生活を送るよりも、はるかに色濃い体験ができます。

学校や職場以外のプライベートな時間でも英語に触れることができ、さらに食費や水道光熱費も費用に含まれているため節約にもなりますが、日本でも各家庭によって「その家のルール」があるように、ホストファミリーのルールに従わなければならず、慣れるまでは戸惑いが多いことも事実です。特に日本人は周囲に気を遣い過ぎるところがあるので、ホームステイに関しては個人によって感じ方が大きく異なります。

ホームステイ先の探し方ですが、留学やワーホリ関係を中心に多くの紹介業者があるので困ることはありませんが、ホストファミリーのスケジュールが優先されるため、最低でも渡航の1ヶ月前には決めておくようにしましょう。

日本人向けの不動産会社を利用する

オーストラリアには現地での物件探しをサポートしてくれる日系の不動産会社が幾つかあります。日本語を話せるスタッフによる物件紹介は言葉の不安がなく安心でき、入居中の不具合に対応してくれることもあるため、多くの在住者が利用しています。

また、契約社会のオーストラリアにとって、たとえ賃貸契約であっても、契約書の項目が優先されます。誤解や勘違いが原因でも契約内容は覆らないので、現地の習慣やルールに慣れていない人は、日系の不動産会社が間に入ることによって、細かい部分までしっかりと把握することができるでしょう。

不動産を購入する際の注意点

オーストラリアでは日本人を含む外国人が居住用の不動産を購入する際に、オーストラリア政府の外資審議会による規制を受け、基本的には新築物件しか購入することができません。この新築物件とは、不動産業者が販売している物件に限定されており、たとえ新築でも第三者に所有権の移転登記がされている物件は、新築物件としてみなされません。

しかし、保有するビザの種類や購入するエリアによっては規制が緩和されることもあり、この規制について詳しく理解をしておくことが大切です。日系の不動産会社でも不動産購入のサポートを行っているので、購入を検討している方は話を聞いてみると良いでしょう。

アクセスメニュー