マレーシア-気候-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ペナン島の海

マレーシアは、赤道に近く熱帯雨林気候に属しています。 そのため、日本のような四季による気温変化がなく、一年を通して南国のような暑さです。月によっての気温の変化もほとんどなく、 最高気温は平均で31度〜33度、夜間や早朝の最低気温でも22〜23度はあります。

この気温は、マレーシアの東側でも西側でも大差はなく、国のどの地域で生活してもほぼ同じ気温です。 四季こそはありませんが、熱帯雨林気候のマレーシアには、雨季と乾季があります。雨季と乾季は、 マレーシアのどの地域で生活するかによって異なります。首都のクアラルンプールや日本人にも人気のあるペナン島などでは、 5月~9月が雨季となり、東側のボルネオ島などでは10月~3月がモンスーン気候となり、いわゆる雨季のような気候に入ります。

しかし、どちらの地域でもスコールと呼ばれる強いにわか雨が年間を通して降るため、雨具の用意は、一年を通じて通して必要となります。 雨季の場合でも、日本の梅雨の時期のように一日中、雨が降り続くことはそれほど多くなく、 にわか雨の雨量や降る時間の長さなどに違いがある程度です。 そのため、雨季やモンスーン気候でも、毎日の生活に支障が出ることはあまりなく、 むしろ雨が降った後は一時的に涼しく感じるため、過ごしやすい時間となります。

マレーシアは年間を通して南国のような気候なので、服装は通気性の良いものが適しており、 一年中、半袖で生活を送ることが出来ます。 仕事やフォーマルの場所へは適しておりませんが、日常の生活を送る分には、靴も通気性の良いサンダルがお勧めです。 スコールが多く、傘をさしても濡れてしまうほどなので、足元も当然濡れてしまいます。

そういった時でもサンダルなら、濡れてもすぐに乾くので気になりません。 日中、主に屋外や自宅で過ごす場合は、半袖だけで充分ですが、早朝や夜間などは冷え込むこともあり、 またマレーシア国内の建物(主にレストランやショッピングセンター、ホテルなど)や乗り物内は、冷房が効き過ぎていることがあります。 そのため、長袖のシャツや薄手のカーディガンなど、上着も忘れずに持参することをお勧めします。

日焼け止めを塗るマレーシア人

もちろん、現地で購入することも可能ですが、長袖に関しては日本ほど商品のラインナップがなく、 質やデザインなど気に入ったものが見つからないこともあるようです。 また、赤道のすぐ近くに位置する国のため、日中は気温だけではなく、日差しも日本とは比べ物にならないほど強く、 少しの時間でも肌が赤く焼けてしまいます。 肌の露出が高い服装の場合は、顔だけではなく腕や足にも、しっかりと日焼け止めを塗っておかないと、 やけどのような状態になることもあり、肌が弱い人などは、跡が残ることもあります。

日焼け止めは現地でも簡単に購入することが出来ますが、日本人向けに作られた商品ではないため、 敏感肌の人などは日本から持参した方が良いでしょう。

同時に、強い直射日光を浴び続けることで、熱中症や脱水症状をはじめとする体調不良も起こりやすくなります。 こまめの水分補給はもちろんの事、帽子を被ったり、軒先などの日陰で休憩をしたりと、外を出歩く時は、暑さへの対策を心掛ける必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー