マレーシア-物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マレーシアのコンドミニアム

マレーシアで生活をする場合、主にコンドミニアムやアパートメントタイプの賃貸物件に住むことが多くなりますが、コンドミニアムでもアパートメントタイプでも、家具や家電はあらかじめ備えてつけてあることが多いため、
日本から大型の家電を持って行く必要はありません。どうしてもお気に入りの家電を持って行きたい場合は、変圧器とコンセントも一緒に持って行かないと使用できない場合があります。

コンドミニアムは、家具や電化製品が備え付けてある部屋で、さらにサービスアパートメントでは、電気料金なども賃貸料金に含まれています。メイドサービスが付いているタイプと付いていないタイプがあり、どちらを選択するかは移住者次第ですが、洗濯や掃除などの家事をこなしてくれるため、利用するケースの方が多いようです。

また、一軒家を借りる場合にも、いくつかのタイプがあります。まずは、バンガローと呼ばれる普通の一軒家で、こちらは日本人にも馴染みがあるタイプなので、生活をするうえでも不便に感じることは少ないでしょう。

マレーシアの高級コンドミニアム

一軒家を2つに仕切ったタイプのセミタッチハウスや、長屋のように何軒もの家が繋がっているテラスハウスと呼ばれるタイプもありますが、防音の問題やセキュリティのことを考えると、強くお勧めできるタイプとは言い難く、バンガローで生活をするかコンドミニアムやアパートメントタイプの方がプライバシーも守られており、生活を送りやすい環境になっています。

コンドミニアムなどはマレーシアに移住している外国人が多く暮らしており、同じ建物内に日本人が住んでいることも多いことなどから、現地の情報を入手しやすいという利点があります。

通常は1年以上の契約となり、日本の敷金にあたる保証金は家賃の2ヵ月分が相場となっています。契約に関して注意が必要な点は、まず日本と同様に内見時のチェックです。日本人は几帳面すぎるところがあるので、現地では問題のない範疇でも細かく指摘をしてしまうこともありますが、壊れている箇所や、あまりにも汚れている所があった場合は、その場で指摘をしておきましょう。

また、裕福であると考えられている日本人に対して、相場以上の価格を提示する業者もいます。たとえ面倒でも、一軒の業者だけで即決せずに、幾つかの業者と比較することをお勧めします。

賃貸ではなく購入を検討する場合は、購入形式が2つあるので注意が必要です。マレーシアではコンドミニアムでも土地が付いた一軒家でも購入をすることが可能ですが、自分の所有となるフリーホールドと期限付きの借地になるリースホールドの2つのタイプがあり、当然、完全に自分の所有物になるフリーホールドの方が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー