マレーシア-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クアラルンプールの工事開発風景

政府が国を挙げて投資優遇策を実施しているという関係で、数多くの日系企業がマレーシアに進出しています。最も多い業種は製造業関連で、日本人向けの求人も多く見られます。

職種としては、主に営業職と技術職が求められており、実務経験があった方が優遇されています。一部の営業職などは、未経験者でも応募することができますが、採用されやすくはありません。また、基礎的な英語力が求められ、社内のコミュニケーションはほとんどが英語となります。日常会話レベルの英語でも採用されることがありますが、一般的には高度な英語力が求められ、TOEICの点数が応募条件に入っていることもあります。

特に、コールセンターはリスニング能力が重視され、事務職では読み書きのレベルが重視されています。経験者採用のみを行っている職種は、IT業界などの技術者やエンジニア、生産管理や品質管理を行う工場管理です。また、職種に関係なく、基本的にはどの企業でも、エクセルやワードを含むパソコンの基本的スキルが求められます。

企業や、個人のスキルにより異なりますが、一般的な待遇の目安は営業職・事務職ともに約3500RM(約93,000円)くらいからのスタートになることが多く、もちろんそれより高いケースもあります。経験者が求められている工場管理や技術になると約6000RM(約159,000円)くらいからとなっています。

日系企業・CITIZEN

日系の会社の場合は、ボーナスが年に1~2回支給されることが多いですが、企業、または個人の業績によって異なります。支給される場合は、基本給の約2ヵ月分が一般的です。ただし、契約社員や有期の雇用契約の場合は、ボーナスが支給されないこともありますので、募集要項を確認する際や、雇用契約を結ぶ際などに、しっかりと確認しておくことが必要です。日系以外の企業の場合も同様で、会社の業績や個人の業績によって、ボーナスが出ることもあれば、ボーナス自体がない会社もあるため、きちんと確認をしなくてはなりません。

ボーナスだけではなく、住宅手当や交通費などの各種手当に関しても、企業によって支給されるか否かは異なりますので、働き始める前に確認しておくことをお勧めします。日系の会社の場合は、企業として傷害保険に加入していることが多いので安心ですが、日系以外の企業の場合は、保険は各自で入る必要があります。また、公共交通機関が、クアラルンプール以外は、あまり整備されていない都市も多く、営業職では営業用の車が貸与されることもあるので、国際免許証を忘れずに持参しましょう。

求人は、主にインターネットなどで探すことができます。日本にいる間でも問い合わせや応募をすることができ、ハローワークからでもマレーシアの求人を探すことが可能です。

※こちらの記事の日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー