マレーシア-学校-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日本人学校の授業風景

マレーシアには、現在4校の日本人学校があります。マレーシア最大の都市、クアラルンプールにある日本人学校には幼稚園児から中学生まで、およそ800名以上の日本人生徒が通っています。ペナン、ジョーホル、コタキナバルにも、それぞれ1校ずつあり、生徒数は10名程度から100名以上までと様々です。

どの日本人学校でも、日本の授業や教育スタイルを取り入れているだけではなく、地域との文化交流を大切にしており、マレーシア文化が根強く残る地域へのホームステイを行っている学校や、毎年3回、日本人墓地の清掃を行っている学校もあります。また、海外の日本人学校としては珍しく、スポーツや文化面のサークル活動に熱心な学校もあります。通学にはスクールバスが利用できるので、多少、自宅から離れていても通うことが可能です。しかし、路線やエリアが決まっているため、居住地を決める際には、スクールバスが利用できる地域かどうか、あらかじめ確認しておくことが大切です。

マレーシアの現地校では、1月から新学年となり、一般的には2学期制となっています。11月下旬から1月までは長期のお休み期間となります。義務教育期間は、小学校の6年間のみで、小学校へ入学する年齢は、日本と同様の7歳になる年に入学します。

私立校と公立校があり、公立に関しては授業料が無料になりますが、原則として公立校は、マレーシア国籍の子供以外は入学することができないため、日本人の子供は日本人学校か現地の私立校に通うことになります。

インターナショナルスクール

しかし現状は、日本人学校がクアラルンプールをはじめとする主要都市にあることや、インターナショナルスクールが5都市に合計12校あることから、現地私立校に通う日本人の子供は、主に両親のどちらかがマレーシア人の場合に限定されています。

インターナショナルスクールは、クアラルンプールに4校、ペナンに4校、コタキナバルに2校、シャーアラム、イボーに1校ずつあるので、通学に負担のかからない範囲で、インターナショナルスクールか日本人学校に通うことができるでしょう。クアラルンプール、ペナンに次ぐ第3の都市であるイボーには、インターナショナルスクールの他に、補習授業校もあります。

幼稚園児から通うことが可能で、主に土曜の午前中に授業が行われています。また、イボーの補習授業校と、ペナンの日本人学校とは、盛んに交流が行われており、イボーの補習校だけではカバーできない経験を子供たちに積ませようと、ペナンの日本人学校の運動会への参加や、保護者と一緒の体験入学などが行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー