記事公開日:最終更新日:

マレーシア-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マレーシアの病院イメージ

日本と遜色ないマレーシアの医療レベル

日本人が多く生活しているクアラルンプールやペナンの病院では、日本語を話せるスタッフが常駐していることもあり、滞在エリアをよほどの地方にしない限り、医療に関してはあまり心配することがありません。大半の病院では、マレーシア人でも外国人でも平等に受診することができ、医療体制も日本と似ています。

しかし、大きく異なる点もあり、それが国立病院と私立病院の治療費と待ち時間。国立病院は診察料が安い反面、かなり混雑しているため、待ち時間が異常に長く建物もあまり綺麗ではありません。一方、私立の病院は国立病院のように終日混雑しているわけでもなく、設備も新しく綺麗ですが、治療費は割高です。料金は病院によって異なり、高額な出費になることも考えられるので、健康に自信がある人でも日本を出国する前に海外旅行傷害保険などへ加入をしておきましょう。

救急車が最良の選択とは言えない

日本で大きな怪我や突発的に深刻な症状が現れた場合、119で救急車を呼びますが、マレーシアでも999で救急車を呼ぶことができます。しかし、日本と異なり原則として国立の病院に運ばれ、混雑を極めている国立病院では、救急で運ばれても手術を行うまで待ち時間が発生してしまう懸念があります。救急車の中も設備が整っているとは言い難いので、車内で満足な処置が受けられるとは限りません。

一方、私立の病院も救急車を持っており、さらに希望の病院へ搬送をしてくれる民間の救急車会社も存在します。また、タクシーを利用する方も珍しくありませんが、その際に気をつけたい点が時間帯です。マレーシアは通勤時間帯を中心に渋滞が激しく、ハマってしまうと搬送に時間が掛かってしまいます。いずれにせよ、自宅から近い日本語の通じる病院の連絡先は、普段から目の届く場所に用意しておきたいものです。

日本語の通じる医師やスタッフが常勤する医療施設がないことを想定して、日本から英文で書かれた病歴所などを持参しておくと、特に持病のある人には安心です。普段から薬を服用している人は薬の名前の英語名も控えておきましょう。日本語は理解できなくても、医師の多くは英語を理解できるので、いざとなった時に重宝することができます。

水を飲む女性

水道水の飲用は避けること

マレーシアは衛生状態の良い国とされており、伝染病や風土病の心配もほとんどありません。しかし、必ず避けて欲しいことは水道水の飲用です。2RM程度でミネラルウォーター(1.5リットル)を購入することができるので、飲用料にはミネラルウォーターを利用しましょう。食器洗いなど、その他の炊事に関しては個人による感じ方が大きいので、一概には言えませんが、移住をしている日本人の多くは浄水器を備えるなど、各自で注意をしています。

また、高温多湿の気候なので、蚊を媒体とする感染症が都市部でも頻繁に発生しています。現地でも虫除けスプレーなどを販売しているので、到着直後から使用した方が、より安全と言えるでしょう。

アクセスメニュー