マレーシア-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マレーシアの病院イメージ

日本人が多く生活しているクアラルンプールやペナンの病院では、国立や私立の総合病院や一般的なクリニックがあり、 大半の病院ではマレーシア人でも外国人でも平等に受診することができるので、 医療に関して心配することは、あまりありません。 医療体制も日本と似ており、通常はクリニックなどで診察を受けてから、医師から総合病院を紹介してもらうようになっています。 しかし、病状の深刻さや周囲からの評判、自宅からの距離などを考慮して、 一般的なクリニックを介さずに総合病院に行っても診察してもらうことは可能です。

国立病院はいつも混雑しているため、だいぶ待つことになりますが、料金は安く済むという利点があります。 逆に私立病院は国立病院よりはスムーズに受診してもらえますが、料金が高めになっています。 身体が丈夫だという自信があっても海外では体調を崩しやすいうえに、いつ怪我をするかは分からないので、 日本を出国する前に保険へ加入しておくことをお勧めします。

緊急の場合、マレーシアでは999に電話をすると救急車を呼ぶことができます。

999で呼ばれた救急車は、公立の病院に患者を搬送しますが、マレーシアの公立病院はいつも混雑しているため、 救急の搬送であっても、1時間~2時間待たされることがあります。私立の病院も、それぞれの病院で救急車両を持っています。 搬送は有料ですが、すぐに処置をしてもらえる可能性も高く、日本語が通じる病院もあります。万が一の際に備えて 自宅から一番近い私立病院や、日本語が通じる私立病院の電話番号は、見えるところに貼っておくか、 メモをして常に携帯するようにしましょう。

水を飲む女性

マレーシアは衛生状態が良い国のため、基本的には水道水を飲んでも大丈夫ですが、 現地に到着したばかりだと体質に合わずにお腹を壊してしまうこともあります。 移住している日本人の多くは、浄水器を備え付けて、 浄水器を通してから水を飲むようにしているか、煮沸をしてから飲むように注意をしています。

屋外の場合は、ペットボトル入りのミネラルウォーターをお勧めします。 また、伝染病や風土病の心配は少ないのですが、気候的にも蚊が多く、かゆみや痛みだけではなく、 場合によっては蚊を媒体して感染症にかかる可能性もあるため、虫除けスプレーなどは到着直後から使用した方が無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー