シンガポール-文化-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールは多民族国家として有名です。国民の約77%が中華系、約14%がマレー系、約8%がインド系、その他が約1%と複数の民族で構成されています。それぞれの文化が反映された地域があり、異なる民族や文化間はあまり融合されておらず、同じ国民として生活を共にしながらも、別々の文化や生活様式を守り続けているという特徴があります。

リトルインディア

例えば、リトルインディアなどは、インド系の国民ばかりが生活をしており、売っている雑貨や化粧品、食料品などはインド製のものが多いため、まるでインドにいるかのような錯覚を感じます。

宗教も、国として一つの宗教でなく、仏教や道教、ヒンドゥ教やイスラム教など、複数の宗教が混在しています。また、宗教だけではなく公用語も英語、中国語、マレー語、タミール語と複数の言語が混在しており、国として一つの言語に統一されていません。

それぞれの言葉が本来の発音や文法とは異なっており、シンガポール独特の発音や文法が使われています。職場や学校では、主に英語が使用されていますが、アメリカやイギリスの英語とは少し違い、シンガポール独特の英語になっています。

シンガポールのチャイニーズ・レストラン

日本人がシンガポールで生活をするうえで、驚くことの一つが食事に関する文化です。シンガポールでは、あまり自炊をする文化がなく、食事の大半は外食で済ませます。自炊という時間の掛かる行為は、非効率的と考えられていた時代があり、家庭で家事に専念するという環境が整っていませんでした。そのため外食文化が急速に成長を遂げ、現在では、どこのショッピングセンターや商業施設にもフードコートがあり、レストランよりだいぶ安く食事を楽しむことができます。

その他に、ホーカーズと呼ばれる屋台が並んでいる場所もあります。夕方などは快適な海風を感じながら、外で食事をすることができるので、心地良い気分になります。衛生的にも、シンガポールは問題がありませんが、お腹を壊しやすい人や心配な人は、外のホーカーズよりは、冷房の効いた室内で材料を保管、調理しているフードコートを利用するほうが良いでしょう。

また、沢山の宗教が混在しているシンガポールでは、ベジタリアン専用のレストランやお店も多く、フードコートやホーカーズでも、ベジタリアン専用のメニューが豊富に用意されてあります。日本でベジタリアン専用のお店やメニューを探すとなると、手間と時間が掛かりますが、シンガポールでは至るところにあるため、あっさりとした食事をお好みの方は是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー