シンガポール-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オーチャード・金融街

海外での転職は、日本国内での転職よりも、総じて狭き門となっており、語学レベルや実務経験なども必要になってくるため、ただでさえ難しい状況です。なかでもシンガポールは、実務経験が浅い日本人が就労をすることは難しく、現地の人材が持っていない、高いレベルでのスキルが必要とされています。

また、語学の面でも他の東南アジアよりも高い英語レベルを必要としており、英語力の目安としては、TOEICの700点以上のビジネスレベルでの英語力が必須となっています。英語だけではなく、シンガポールでは日本語力も選考の基準になることがあります。ビジネスで必要な正しい日本語や、普段からしっかりとした日本語を話せるかどうかも、就労活動の結果に影響を及ぼします。また、どの職種においても、エクセルやワード、パワーポイントなどのパソコン操作スキルも必須です。

給与は企業によって異なりますが、一般的な待遇としては営業職の場合は3,000シンガポールドル(約195,000円)からと、ほぼ日本と同等の金額になっています。事務職やカスタマーサービスの目安は2,500シンガポールドル(約162,000円)からで、技術者の目安は3,000シンガポールドル(約195,000円)前後になります。

外資系企業黒板

ボーナスは年に1~2回支給する企業が多く、金額は企業や個人の業績によって異なります。シンガポールは、公共の交通機関が発達していることから、出勤の際に、ほとんどの場合は地下鉄やバスなどの交通機関を利用します。交通費や住宅手当、健康保険などの各種手当も企業により異なるため、全ての面において日本の就業体制に似ていると言えるでしょう。日系企業が進出しているだけではなく、日本からの観光客も多いシンガポールでは、日本食レストランなども数多くあり、ホール係や調理補助などの就労先を探すこともできます。ホールの場合は英語のスキルが必須ですが、調理補助の場合は高い英語力を求められないこともあり、英語での簡単なコミュニケーションが可能なら採用されるケースもあります。

求人情報は日本国内に滞在しながら取得することもできますので、インターネットのシンガポール専用の求人サイトなどを、こまめにチェックするようにしましょう。

また、数は少ないですが、ハローワークでもシンガポールの求人を取り扱っている場合があります。最寄りの職業安定所または公式サイトから確認することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー