シンガポール-物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シンガポールのタワーマンション

日本の企業も数多く進出し、また気候や治安の良さなどを理由に、多くの日本人学生も語学留学を行っているシンガポールでは、日系の不動産エージェントや、日本人向けの不動産会社も数多くあります

日本人の気質や文化、好みなどをよく把握しており、海外にいながらも日本人のことを理解してくれるため、契約から生活に至るまでのトラブルが少なく、物事がスムーズに進みます。言葉の不安がある方は、日系の会社の方が安心でき、何よりも対応が素早くサービスの質も高い傾向にあります。ただし、日本の不動産会社は一般的に水曜休みですが、シンガポールの不動産会社は土日休みが多いため、物件は平日に探すことをお勧めします。

日本で生活をしながらも、物件を探すことが可能なため、なるべく日本国内にいるうちに目星をつけておき、可能であればメールなどでコンタクトを取っておくと、到着してからすぐにでも、物件を見ることができます。

他国同様、コンドミニアムや、サービスメントアパートが主流で、ほとんどの物件では家具や家電などが備え付けられています。外国人が多く生活しているため、日本人の知り合いがすぐにでき、現地の情報を正確に仕入れることができるので便利ですが、周りに日本人が多いため、日本の生活環境に近く、異国の文化を味わいにくいという点もあります。

街並み

サービスメントアパートは、コンドミニアムより家賃は高いですが、メイドサービスがあるため、清掃などが常に行き届いており、快適な生活を送ることができます。月にかかる料金は立地条件などによって異なりますが、,500シンガポールドル(約16万円)と、東南アジアの他の国に比べると割高です。もともと、シンガポールは物価が安い国ではないため、日本で生活する場合とほぼ同等の料金が必要になりますが、共有スペースにプールやジムが付いているなど付帯設備が素晴らしく、同じ金額を支払うにしても日本以上の満足感を得ることができます。

他にもセミデタッチと呼ばれる物件は、一軒屋のような外観で建物の中央部分で仕切られています。そのため、一つの建物内に、二つの世帯が入ることができます。それぞれの世帯専用の玄関と庭があるので、あまり気になることはなく、家賃も一戸建てを借りるよりも安くなります。

アパートになると、だいたいの場合、契約期間が決まっており、1年~2年の契約が必要となります。相場も場所によって異なりますが、日本と同等か少し安い程度です。もっと費用を抑えて滞在をしたい場合は、HDBと呼ばれる公共住宅もあります。住人のほとんどはシンガポール人ですが、外国人でも一定の規定を満たしていれば、借りることができます。コンドミニアムやサービスメントアパートのようにプールやジムなどの豪華な施設はありませんが、付近には現地の人の生活が根付いており、コンビニやクリニックなど毎日を暮らす上で欠かせない施設は充実しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー