シンガポール-学校-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
英語を学ぶ日本人の女の子

シンガポールの学校は2学期制となっており、1月から新学年になります。日系企業が多いため、日本から海外赴任で駐在している家族が多く、日本人の子供も多く存在しています。シンガポールの日本人学校には約1700人の小中学生が通っています。

日本人教師が日本語の教科書を使って指導にあたり、授業の進み方も日本とほぼ同様のため、日本から転校してきたばかりの時や、日本へ帰国してからも、周囲の環境や教育体制に子供自身が馴染みやすく、また、父兄にとっても文化や習慣の違いを極力抑えることができることや、日本人の知人が作りやすく、現地の情報を仕入れやすいというメリットがあります。

日本の学校と環境的には、ほとんど同じですが、現地の文化的行事や、現地の人たちとの交流を積極的に知ってもらうための行事も年間を通じて、いくつも行われており、2月には旧正月、5月にはベサック(釈迦誕生祭)、11月にはハリラヤ(犠牲祭、断食明けのお祭り)と現地の文化を肌で感じることができ、さらには日本の学校と同様に、7月には七夕、8月には盆踊り、12月にはクリスマスなどの行事もあります。日本人ばかりの学校に通いながらも、異文化を体験させることや、異文化ならではの考えを理解させる工夫に長けているため、子供にとっても良い環境です。

シンガポールの現地校は、午前または午後のどちらかだけ通うシフト制になっています。授業は現地の言葉なので、まずは言葉を理解できていなくては、授業内容を把握することは難しいでしょう。また、漢字の読み書きなど、日本語を学ぶ授業は行われないため、帰国後、日本での授業が理解できないこともあります。学期によって、午前もしくは午後と分けられているわけではなく、シフト制になっている通学システムも、難点の一つで、規則正しい生活リズムが作りにくくなります。

しかし、近年ではシンガポールの教育システムのレベルの高さが注目を浴びており、日本や隣接する東南アジア諸国から、現地校に母子留学をしているケースも増えています。

インターナショナルスクール

また、多国籍文化のシンガポールでは、インターナショナルスクールも約8校あります。授業が全て英語で行われており、生徒も日本人やシンガポール人だけではなく、様々な国の生徒が通っています。世界各国の友人ができる、子供にとってもより広い視野を身につけることができますが、英語圏文化の影響が圧倒的に強いため、日本人らしい作法などは薄れてしまうという懸念点もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー