シンガポール-治安-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
旅行する女性2人

今や決して日本も治安が良い国とは言い切れない現状です。その一方で、シンガポールは安全な国として高い信頼が寄せられています。シンガポールで生活をしている日本人は現在約24,000人で、その他に毎年50万人以上の日本人が観光のために、シンガポールを訪れています。そのため、シンガポールで日本人を見つけることは容易く、海外で生活をしていることを忘れてしまう瞬間もあります。

また、非常に発展している都市のため、生活の不便さがなく、電化製品から食料品まで、日本の商品を簡単に手に入れることができます。他の国で生活をした経験がある方や、他の国に旅行に行ったことのある方なら、いかにシンガポールが便利で、日本と遜色のない生活を送ることができるのかを、実感することができるでしょう。裏通りや人気のない道などの、夜間の一人歩きなどは、たとえ安全な国と言われているシンガポールでも、避けた方が賢明ですが、近寄ることさえ危険な地域などはありません。

このように、安全な治安が保たれているシンガポールですが、あまり緊張を解いて隙を見せるのは厳禁です。日本を含めたどこの国でも、スリや置引の被害に遭う可能性はゼロではなく、また、何らかの間違いや誤解で、犯罪の加害者になってしまった場合や、運悪く被害者になってしまった場合など、言葉の問題や習慣・文化・法律の違いなどに戸惑い、悩むことになります。

カラフルなマーライオン

国籍が日本人である以上、国際司法の手続きにも面倒なことが生じます。
言葉や習慣、文化、法律の違いなどによって、いつまで経っても誤解が解けないケースも想定されますし、日本で生活している時と環境が異なるため、信用してくれる身内や知人も周囲には少なく、精神的にも追いつめられてしまう可能性もあります。

「誤解をされる行動を取らない」など、日本での生活と同様に、周囲に対する配慮に、充分気をつけていれば、犯罪や事件に巻き込まれる可能性は非常に低いので、気を緩め過ぎずに毎日の生活を送りましょう。治安とは少し異なるのですが、シンガポールには日本では考えらないような法律がいくつも存在しています。

地下鉄内での飲食やゴミのポイ捨て、指定場所以外でのタバコの喫煙、公衆トイレでの水の流し忘れ、近くに横断歩道があるにも関わらず道路を横断した場合など、いずれも罰金刑になります。また、麻薬や覚せい剤の持ち込みなどは死刑になるので、他人から頼まれた物を安易に持ち込んだりすることは、決して行わないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー