記事公開日:最終更新日:

シンガポール-オススメの理由-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マーライオン

街が綺麗で交通の便も発達

飛躍的な経済成長を成し遂げ、今もなお成長を続けているシンガポールは、以前のような観光産業だけで成り立っているような側面が薄れ、立派に先進国の仲間入りを果たしています。街のいたるところが清潔に保たれており、交通の便が発達していることから、世界中から多くの人が観光や就労のために訪れています。

日本からも移住希望先として、高い人気を誇っていますが、就労ビザの取得は難しく、また他の東南アジアに見られるようなリタイアメント制度も取り入れていないため、決してビザが取りやすい国とは言えません。ただし、ビザの条件が変更になることも珍しくはなく、また資産状況や所得の状況を重視する傾向もあるので、シンガポール移住に興味のある場合は、専門の企業に相談をしてみると良いでしょう。専門家の情報収集力は、素人とは比べ物にならないほど広く深く把握しており、心強い味方となってくれるはずです。

治安や衛生面でも安心

さらにシンガポールは、同じ東南アジアでありながらも、他の東南アジアとは大きく異なり、治安と衛生状況に関しては日本と同等か、さらに良いと言えるでしょう。夜の一人歩きなど、軽率な行動さえ取られなければ、安心して出掛けることも可能ですし、WHOの基準では水道水も飲むことができます。

一方で、生活費を安く抑えることは期待できません。そのような点から、生活環境や生活レベルを日本と変えずに、生活する国だけを変えると考えた方が良いでしょう。しかし、長距離バスでタイやマレーシアまで観光旅行に行くことができたり、地下鉄ですぐの距離にある様々な街で多国籍文化を体験できたりと、日本で生活をするよりも幅広い文化や習慣に触れることができ、毎日の生活をより楽しく送ることができます。

マリーナベイサンズの夜景

移住後も知人を招きやすい安心感

シンガポールの時差は日本よりマイナス1時間で、時差をあまり意識することなく、日本国内へ連絡することができます。また、サマータイムも採用されていません。

治安や衛生面でも心配がなく、エンターテイメント性に優れた島や施設があるため、1日中楽しめる国として、移住後も安心して知人や友人を招きやすい環境も大きなメリットと言えるでしょう。さらに、日本とシンガポールを結ぶ直行便も多く、シンガポール・チャンギ国際空港と成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港との間を毎日就航しており、往来の面でも問題ありません。

アクセスメニュー