シンガポール-オススメの理由-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マーライオン

飛躍的な経済成長を成し遂げ、今もなお成長を続けているシンガポールは、以前のような観光産業だけで成り立っているような側面もなく、立派な先進国の仲間入りを果たしています。街のいたるところが清潔に保たれており、交通の便が発達していることから、世界中から多くの人が観光や就労のために訪れています。

日本からも移住希望先として、高い人気を誇っていますが、就労ビザの取得には、学歴による制限や専門分野での知識や経験が必要とされるため、容易に取得することができず、また他の東南アジアに見られるようなリタイアメント制度も取り入れていないこともあり、決してビザが取りやすい国とは言えません

ただし、ビザの条件が変更になることも珍しくはなく、また資産状況や所得の状況によって発給されることもあるため、シンガポールへの移住に興味がある場合は、専門の企業に相談することをお勧めします。自力で調べる情報よりも、専門家は遥かに多くの情報やコツを把握しているため、心強い味方となります。

海外、とくに東南アジアで生活を送ることを希望している方の大半は、一番のメリットとして「日本よりも圧倒的に安い金額で、贅沢な暮らしを送ることができる」という点に着目しています。一方で、治安や衛生状況に対する強い不安も残り、東南アジアでの生活に踏み切れない人もいます。

マリーナベイサンズの夜景

しかし、シンガポールは、同じ東南アジアでありながらも、他の東南アジアとは大きく異なり、治安と衛生状況に関しては、日本と同等か、もしくはさらに良いと言えます。夜の一人歩きなどさえ行わなければ、安心して出掛けることも可能ですし、水道水を飲むこともできます。その代わり、生活費を安く抑えることはあまり期待できません。そういった点から、生活環境や生活レベルを、日本と変えずに、生活する国だけを変えると考えた方が良いでしょう。

しかし、長距離バスでタイやマレーシアに観光に行くことができたり、地下鉄ですぐの距離にある、さまざまな街で、多国籍文化を体験できたりと、日本で生活をするよりも、多くの文化や習慣に触れることができ、毎日の生活をより楽しく送ることができます。

シンガポールの時差は日本よりマイナス1時間で、時差をあまり意識することなく、日本国内へ連絡することが可能です。また、サマータイムも採用されていません。

治安や衛生面でも心配がなく、エンターテイメント性に優れた島や施設があるため、1日中楽しめる国として、移住後も知人や友人を招きやすい環境ということも、大きなメリットとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー