シンガポール-医療-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カルテと聴診器

シンガポールの医療システムは、日本と大きく異なる点が幾つもあります。まずはGP(General practitionerの略)と呼ばれる医師の存在です。オーストラリアやニュージーランドでも、GPという医師がおりますが、シンガポールも同様で、まずはGPと呼ばれる医師の診断を受けてから、専門医や総合病院に行きます。現在、シンガポールで働いている日本人医師は全員、このGPとしての登録になっています。そのため、日系のクリニックはGPのクリニックとなります。

より詳細な検査や高レベルな治療が必要だとGPが判断した場合、総合病院に行きますが、総合病院の仕組みも日本とは大きく異なります。国立の総合病院の場合は、日本と同じ仕組みですが、私立の総合病院は、オープンシステムという形態になっており、外来フロアに様々な専門医がテナントとして入っています。病院側は検査や入院の際の設備と看護師だけを提供しているため、受診や治療を行った際の支払いは、医師が入っているテナントと、設備を使用したので病院側と二ヵ所に料金を払うことになります。複数の科を受診した場合も、それぞれの医師が入っているテナントと、病院側に支払いを行います。

市立病院の病室

また、私立の病院では設備やサービスの面で非常に優れているため、費用も高くなります。その費用に関して、もう一つ日本と異なる点は、シンガポールの医療は基本的に自由診療となっているため、病院によって費用が大きく異なります。

そのようなシンガポール特有の医療制度に不安がある方は、まず、日系のクリニックで受診をすることをお勧めします。日系のクリニックはGPのクリニックのため、大きな手術などを行うことはできませんが、事前にシンガポールの医療制度などについて、日本語で話を聞くことができます。医師だけではなく看護師やスタッフにも日本人や日本語を話せる方がいるため、異なる制度に対する不安や疑問を解消してから、大きな病院に行くことができることは、気持ちの面でもだいぶ違うでしょう。

しかし、日本人医師たちは、日系クリニックの一般医としての許可しか下りていないため、総合病院などで手術や入院をする場合、その執刀医や主治医になることはできません。

緊急時の場合は995番で呼びます。重症時など緊急性の強い場合のみ呼ぶことができ、そのような場合は無料ですが、軽い火傷や胃痛など、あまり重症ではないと判断された場合は有料になります。また、病院の指定はできずに、同じエリア内にある国公立の病院に搬送されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー