ニュージーランド-気候-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーストラリアの南東に位置するニュージーランドは、北島と南島の2つの島からなる国です。はっきりとした四季がある国ですが、南半球にあるため、オーストラリア同様、日本とは正反対で、9月~11月が春、12月~2月が夏、秋は3月~5月で、冬は6月~8月となります。

ニュージーランドのフィヨルド

西岸海洋性気候で、年間を通して非常に穏やかな気候のため、夏の酷暑も冬の厳しい寒さもありません。また、一年を通しての寒暖の差も小さく、年間の平均気温差も約8度なので、季節の変わり目に体調を崩すような心配も、あまりありません。ただし、一日の間で四季がある、と言われるほど、時間帯によっての気温の変化は大きく、また、天候も変わりやすいので注意が必要です。夏でも夕方になると急激に冷え込むことがあり、熱帯性低気圧が発生することで突然、気温が下がることもあるので、常に薄手の上着などを持ち歩くことをお勧めします。

冬も温暖な気候ですが、南半球に位置するため、日本とは逆で、ニュージーランドは南に行くほど気温が低く、北側の方が暖かい傾向にあります。北側に位置するニュージーランド最大の都市、オークランドは冬でも10度~15度前後と、日本の春の陽気に近く、早朝から穏やかな海風が入るため、清々しい朝を満喫する人々が多く見られます。

一方、南側の代表的な都市であるクライストチャーチは、冬の気温が2度~12度とオークランドに比べるとやや低くなりますが、強烈な寒波を受けることはないので、山岳部でもない限り、雪が降るようなことはありません。

ただし、日本とは真逆で夏の湿度は低い一方、冬の湿度が高いため、放射冷却の影響で、霜が出来やすく、時折、都市部でも濃霧が発生します。そのため、そこまで冷え込まなくても、朝は霜で道路が凍り、霧で視界が悪くなるので、外出の際は充分な注意が必要です。

マウントクック

穏やかな気候であるものの、四季があり冬は半袖では、寒く感じるため、日本とほぼ同様の服装パターンが必要になります。大抵のレストランなどは、フォーマルな格好をしていなくても入れるため、仕事やフォーマルな用事がある時を除けば、カジュアルな格好で問題ありません。

また、温暖な気候ではありますが、熱帯性の気候とは異なるため、一年を通して虫避けを携帯すると言った必要もありません。

天候が変わりやすいニュージーランドの中でも、特に山岳部や高地は雨が降りやすく、気温の変化も大きいため、夏場であっても薄手の上着を持参しておくことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー