記事公開日:最終更新日:

ニュージーランド-物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ニュージーの街並み

ほとんどの物件がネットで探せる

ニュージーランドで賃貸物件を探す方法は幾つかあります。不動産会社や新聞広告、さらにはスーパーなどの掲示板で紹介されていることも珍しくありません。しかし、一般的な方法はインターネット。ニュージーランドでは有名な掲示板サイト「Trade Me」に賃貸物件情報が掲載されており、新聞広告では、このサイトを基に物件情報を紹介しているため、情報がやや遅くなってしまいます。

同様に不動産会社を利用しても、ほとんどの会社では、このサイトに掲載している物件を扱っているので、サイトで目星を付けてから問い合わせをするとスムーズでしょう。また、ニュージーランドでは部屋の内見をする際に、まだ人が住んでいる状態のことがほとんどです。よって、その住人の過ごし方や部屋の使い方によって印象が変わってしまいがちですが、見極めるポイントは冷静にチェックしましょう。なお、ニュージーランドでも日本と同様に敷金や礼金の制度があり、敷金はBondと呼ばれ、退去時に修繕費を差し引いて返金されます。礼金はLetting Feeと呼ばれ返金されませんが、日本ほど高額ではなく、家賃の1~2週間分あるいはゼロのところが大半です。

ニュージーランドでは家賃を月払いではなく、週払いもしくは隔週払いにしているところが多く、家具も付いている物件と付いていない物件があります。家具付きの物件では、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジが付いている物件が多く、ソファやテーブルなどは付いていないケースも見られます。内見の際に、何が付いているのか?何が必要なのか?を、しっかりと確認しておきましょう。

コンドミニアムに住む

ニュージーランドのコンドミニアムは、ホテルのように1泊から利用できるところもあります。契約期間に縛られないため、短期間でも借りられるメリットはあるものの、その手のタイプは割高で、ホテル滞在とさほど変わらない金額になってしまいます。

数こそ少ないですが、なかには日本人オーナーのコンドミニアム物件もあります。オーナーが日本人だと、いざと言う時に日本語でやり取りができるだけではなく、炊飯器などの日本人向け設備が用意されていることもあって、快適に暮らすことが可能です。全体的にニュージーランドはコンドミニアムの数が多いとは言えず、選択肢が限られてしまいますが、バス停の近くなど便利な場所が多く、セキュリティも万全なので安心して暮らしたい方に向いています。また、コンドミニアムに住む現地の家族との同居(ルームシェアやホームステイ)での募集もあります。

アパートメントに住む

アパートを借りたい場合は、基本的に6ヶ月以上の滞在で契約することができます。物件によっては6ヶ月未満でも応じてくれますが、家具や家電が付いていない物件も多く、各自で準備をしなくてはなりません。また、物件にもよりますが、家賃は1週間の賃料で表記されており、1週間または2週間ごとに家賃を支払います。家賃以外にも保証金を支払うことが一般的ですが、保証金は2週間分が相場です。

もっと安く滞在したい場合には、バックパッカーズという形態の物件があります。1泊10ニュージーランドドル(約830円)から、と非常に安い料金が大きなメリットですが、部屋にはベッドしか置かれていないことが多く個室とは限りません。短期の滞在もしくは物件が決まるまでの期間限定なら便利ですが、プライベートの空間がなく、そこに根付いた暮らしは難しいでしょう。しかし、様々な国からニュージーランドを訪れている若者と交流することができるので、情報を交換する場としての利用価値はあると思います。

一軒家に住む

ニュージーランドの都市部ではアパート賃貸がメインですが、郊外になると一軒家の物件も探すことが可能です。家族で住むことのできる大きめの家から、タウンハウスと呼ばれる小さめの家まで幅広い種類のタイプがあり、多くの家では家具・家電は備え付きになっています。

また、ニュージーランドではフラットと呼ばれる住み方があり、数人で一軒家(または広めのアパートなど)をシェアします。個室が用意されている場合もあれば、部屋も誰かとシェアをする場合もあるので、募集の詳細をしっかり確認する必要が生じますが、ホームステイほど気詰まりもなく、留学生などから人気があります。

キッチンやリビング、トイレ、シャワー、玄関などは住居人で共有し、さまざまな国から来ている人たちと暮らすことによって、異国の文化や習慣を知ることができ、より充実した海外生活を送ることができるでしょう。

ファームステイ

ホームステイをする

ニュージーランドならではの暮らし方の一つがファームステイ。農場や牧場を経営する一般家庭の家に住む方法です。現地の生活を体験することができたり、現地の家族との交流を深めたり、よりニュージーランドに根付いた生活を送ることができるメリットはありますが、プライベートな空間が完全に確立しているとは言えず、ファームステイ先のルールに従って生活をしなくてはなりません。

近年のファームステイは、留学生などの若者が主に利用していた以前のファームステイとは異なり、農場や牧場での労働を必須条件としていないケースもあります。あくまでも農場や牧場での仕事は、お手伝い感覚。そのような変化に伴い、シニア世代からも注目を集めています。

その他にも、一般家庭に滞在するホームステイ、朝食とベッドのみが提供されるB&B(民宿のような小規模な施設)、ホリデールームと呼ばれる貸別荘など、ロングステイに向いている居住先は様々あります。

日本人向けの不動産会社を利用する

ニュージーランドには現地での物件探しをサポートしてくれる日系の不動産会社が幾つかあります。しかし、数は少なく都市も限られます。日本語を話せるスタッフによる物件紹介は言葉の不安がなく安心でき、入居中の不具合に対応してくれることもあるため、在住者からは好評ですが、滞在希望先の近くにないことも多いので、ほとんどの方はネット等を利用して自分で物件を探しています。

不動産を購入する際の注意点

ニュージーランドでは、日本人を含む外国人が物件を購入する時に、地域や広さなどに関する細かい規制はなく、誰でも資金さえあれば購入または投資をすることが可能です。ただし、2015年よりニュージーランドの納税者番号の取得が義務付けられているため、この番号を取得してから、購入の手続きを進めることになります。また、1億ニュージーランドドル以上の物件、5ヘクタール以上の非都市域、0.4ヘクタール以上の浜辺、保留地などに隣接する土地や遺跡、島の土地などを購入(もしくは投資)する場合は、海外投資委員会へ事前に申請を行い、許可を取らなくてはなりません。

※こちらの記事の日本円の表記は2017年7月のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

アクセスメニュー