ニュージーランド-文化-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カンタス航空

ニュージーランドと日本は、非常に友好的な関係を築くことができています。アジア太平洋地域におけるパートナー国として、市場経済の発展や基本的人権、民主主義の尊重などの価値観を共有できており、政治や経済においても、しっかりと協力関係を構築しています。また、科学技術や貿易・投資に関する円滑化、観光、教育、人員の交流、林業などの6つの分野でも協力し合っており、お互いに良い印象を抱いています。

イギリスの植民地だった時代の歴史的建造物も、壊すことなく大事に残しており、先住民であるマオリの文化とイギリスの文化のどちらも大切にしながら、独自の文化やスタイルを作り上げた国で、豊かな自然と歴史を感じさせる建造物を目当てに、日本からも毎年多くの観光客が訪れています。

様々な宗教があり、どれか一つに突出していることもないため、宗教的なタブーや差別などは他国と比べてあまりなく、日本のように無宗教の人(もしくは公表しない人)も多く存在してします。

言語は英語とマオリ語でさらに2006年からはニュージーランド手話も公用語に加わりましたが、どこでも英語が通じるため、言葉が原因で不便に感じることは少なく、日本からの語学留学生も街の至る所で見かけるので、何か困った時には、留学生に日本語で話しかけて手助けしてもらうことも可能です。

クライストチャート

ニュージーランド人は、穏やかで比較的のんびりと生活することを好むので、同じ空間で生活をしていると、時間もゆったりと感じられ、心にゆとりを持つことができます。

また、近年は日本を始めとするアジアの様々な国から移住者が増えたことで、オークランド周辺ではアジアの文化を垣間見ることもできます。食文化もその例の一つで、日本料理やタイ料理、マレーシア料理や中華料理など、アジア各国の料理を楽しむことができます

さらに、ニュージーランドでは、有機栽培にこだわったオーガニック食品が多いことも特徴の一つです。効率を重視した大量生産の商品よりも、製造過程や原材料などを吟味した品質重視型の商品が好まれる傾向が、一般家庭の間でも広まっており、幾つかのレストランでは、無農薬や有機肥料のみを用いた自家栽培のオーガニック食材を使用したメニューが用意されています。

また文化の違いで覚えておいておきたいのは、トイレのドアの開閉です。ニュージーランドでは使用中のみドアを閉めます。トイレから出たら、ドアを開けっ放しにしておくことで、誰も使用していない合図となります。日本人の感覚では、トイレのドアを閉めないことは、非常に品がなく、だらしのないことに思えてしまいますが、現地で生活をする際、特に屋外や他の方の家に招かれた時などは、日本の文化にならって閉めてしまうと、いつまでも人が入っていると思われてしますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー