フィリピン-気候-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィリピンの天気の良いビーチ

西太平洋上にある7千以上(7107)の島からなるフィリピンは、年間を通しての平均気温が26度~28度前後で1年を通して非常に暑い国です。気温や湿度の高い熱帯モンスーン気候となるため、カラッとした気候と言うよりは、蒸し暑い感覚の暑さが続きます。四季はあまり感じられませんが、季節風の影響を受けているため、乾季と雨季は明確に分かれています。

7千以上の島があるため、地域によって気候に差はありますが、日本人が住む代表的な地域の首都マニラは、12月~4月までが乾季となり、雨があまり降らないため、比較的過ごしやすい時期となります。この乾季の時期は、南国のフィリピンでも日陰や屋内にいる限りでは、暑さが和らいで感じられます。

しかし、やはり屋外に出て日差しを浴びてしまうと、非常に暑く水分補給や日焼け対策は必要になります。もう一つ、多くの日本人が住む地域としてセブ島が挙げられます。マニラから少し遅れて1月~5月が乾季となっています。

しかし、セブ島はフィリピン国内でもあまり明確に雨季と乾季が分かれている地域ではなく、乾季でも雨が降ることもあれば、雨季でも降らない日もあります。マニラでもセブでも、雨季と言っても、一日中雨が降り続けることはあまりなく、ほとんどの場合は1日1回~2回のスコールが降る程度なので、外出時に雨具を携帯していれば、問題ありません。

Tシャツなどの夏服だけで一年を快適に過ごすことが出来ますが、建物や乗り物の中は冷房が効きすぎていることが多いため、薄手の上着を持参することをお勧めします。

スコール明けのセブのビーチ

温暖で過ごしやすいフィリピンの気候ですが、台風が多いことが最大の懸念点です。日本にも台風は上陸しますが、日本に来る台風もフィリピン付近で発生するケースが多く、フィリピンは台風の被害が多い国としても有名です。フィリピンでは台風の大きさをシグナルという言葉を使って表現しており、シグナルは1~4までのレベルで表されます。数字が大きいほど、台風の大きさが大きいことを示しておりますが、シグナル1の時点で学校は休校になります。

フィリピンで生活をする際は、常に天気予報などをチェックして、台風に備える必要があります。大型で強い台風が発生した際には、数日分の食糧などをあらかじめ買っておき、外出をしなくても良いように、しっかりと準備をしておきます。また、台風の上陸の有無に関わらず、日ごろから停電になることも多いため、懐中電灯やろうそくなどの準備も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー