フィリピン-交通-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィリピン航空の飛行機

日本からフィリピンへは日系の航空会社の他、フィリピン系の航空会社をはじめとして毎日、数多くの便が日本各地から就航されています。マニラだけではなく日本人に人気の高いセブ島への直行便も出ているため、あまり不便を感じることはありません。

首都マニラまでの直行便の所要時間は約4時間半で、空港に到着してからも、市内中心部まではタクシーで約30分~40分もあれば到着します。ただし、市内に到着してからは道のいたるところが渋滞していますので、時間帯によっては余裕を持って移動をするように心がけましょう。空港からのタクシーを利用する際、特に外国人は料金トラブルに巻き込まれやすいので、あらかじめ料金が決まっているエアポートタクシーを利用することをお勧めします。

フィリピンの鉄道

市内ではバスの他に、LRTとMRTの2つの鉄道が走っています。ルートが複雑で路線図もないバスよりも、路線が分かりやすく車内も明るい鉄道の方が、安心して乗ることができ、海外移住者や観光客にとって、最も使いやすい交通手段です。
料金も10ペソ(約19円)と非常に安く、さらに朝晩は3~5分おきに電車が出ているなど、便利性にも長けています。

また、市内ではタクシーでの移動も便利で、初乗りは30ペソ(約57円)で、350メートルを過ぎると、250メートルごとに20ペソ(約38円)が加算されます。近年は少しずつ減ってきていますが、なかには悪質なドライバーもおり、乗客が外国人の場合、メーターを倒さずに走行する場合や、メーターに細工をしている場合もあります。メーターを使用していない場合は口頭で注意をするか、もしくは別のタクシーに乗り換えた方が賢明ですが、メーターに細工をしている場合は、気付きにくいため、おかしいと思ったら、人通りの多い場所で降りて、別のタクシーに乗ることをお勧めします。

他にも相乗り制の10人乗りタクシーや、停留所はないものの決まった路線を走るジプニーなどがあります。派手なデコレーションが施されているジプニーは、手を挙げればどこでも乗せてくれ、初乗りも7.5ペソ(約14円~15円)と割安ですが、ルートが複雑なため、初めて乗る場合は一人ではなく、現地の地理にも精通している知人と一緒に乗った方が良いでしょう。

セブのセブマクタン空港からセブ市内へ移動する際も、エアポートタクシーが一般的です。マニラに比べると際立った交通渋滞が少ないため、約40分で市内へと到着します。国際免許証を持っていれば自分で運転することも可能ですが、マニラはいつでも渋滞しており、セブ市内では交通マナーなどはあまり守られていません。信号無視やスピード違反などは日常的に見かけ、またジプニーなどは交差点の真ん中でも乗客を乗り降りさせるため、慣れていない日本人は、タクシーをはじめとする公共の乗り物を利用して移動をした方が安全です。

※こちらの記事の日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー