フィリピン-学校-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日本人学校に通う子供

日本人学校は日系企業が数多くある、首都のマニラに1校あり、約300名~400名の子供が通っています。ブリティッシュスクールやインターナショナルスクールが隣接する文教地区に移転して約10年のため、校舎は新しくセキュリティも万全です。生徒の多くはスクールバスを利用していますが、自家用車での送迎も可能です。

現地校は2学期制(学校によっては4学期制)で、6月から新学年となります。公立校の他に、カトリック教会によって施された教育の流れを今もなお汲み続けている私立系の学校も、数多く存在しています。

義務教育期間は初等教育(小学校)の6年間だけですが、初等教育の6年に中等教育の4年を加えた10年が、基礎教育期間と言われています。現地校で教育を受ける場合、小学3年生までは授業がフィリピン語で行われており、4年生以上になると大半の授業が英語で行われています。日本人の場合、現地校に通わせることも可能ですが、公立校への就学は認められておらず、私立校に限定されます。

両親がともに日本人の場合は、言葉の問題などもあるため、あまり現地校に通っていませんが、両親のどちらかがフィリピン人で、言葉の不安がない子供は現地の私立校に通っています。

インターナショナルスクール

フィリピンには現在マニラに2校、セブに1校のインターナショナルスクールがあります。そのうち、マニラの1校はイギリス系のインターナショナルスクールのため、教育熱心で、入学の際にある程度の英語力が必要とされることもあります。

また、セブには日本人学校がないため、セブに暮らす日本人の子供の多くは、セブのインターナショナルスクールに通っています。授業が全て英語のため、言葉が理解できていないと授業内容を理解するのは難しく、子供にとって負担が大きく感じるかもしれませんが、セブ市内にいる日本人のほとんどが通っているため、スクール内に占める日本人の割合も多く、授業以外の時間は、日本語で遊ぶこともあり、日本人の友達が作りやすくい環境となっています。

さらに、セブには補習授業校が1校あります。日本人学校があるマニラには現在のところ、補習授業校がないため、セブに暮らす子供だけが通うことができます。ここで、インターナショナルスクールでは学ぶことのない、日本の勉強を行ったり、セブに住む現地私立校の日本人の子供と遊んだりするので、日本人学校がなくても、たくさんの日本人の友達ができ、帰国後の日本での授業に対する心配も、あまりいりません。

また、日本人学校がない地域に住む父兄にとっても、補習授業校の存在は大きく、同じ年代の子供を持つ親同士、医療や治安や教育問題など、現地の情報を交換することができ、時にはパートで働くことができる就労先を紹介してもらえることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー