フィリピン-物件-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィリピンの街の光景

フィリピンと日本の大きく異なる点の一つとして、居住地域によって生活レベルに違いがあるということが言えます。厳密には日本でも、土地代が高く比較的、裕福な人たちが住んでいると言われているようなエリアもあるのですが、国内全体を通じて、あからさまな貧富の差を感じることはありません。

フィリピンでは、エリアによってはっきりと分かれている傾向が強く、一般的にスラム街と呼ばれる貧困層が生活をする地域と、一般市民が生活をする地域裕福層が生活をする地域と、物件から生活レベルまで大きな相違があります。

日本からの移住者をはじめとする外国人の多くは、裕福層が生活をする地域に住むのが一般的で、高級住宅区域内の一軒家などで生活を送っています。当然ながら、治安の面もこれらの地域が最も安全で、大きな事件やトラブルに巻き込まれる可能性は低くなり、空き巣などの被害に遭うこともあまりありません。

セブ島などのリゾート区域の場合も同様で、日本からなどの海外移住者は安全で裕福層が多く地域に住むことが多く、ホテルなどにロングステイをする傾向にあります。

セブのコンドミニアム

物件の種類として、代表的なものはコンドミニアムです。セキュリティが整っていることを売りにしているコンドミニアムも多く、そのような物件では24時間体制の警備システムが設けられています。もちろん、家具や家電も整っており、大半の物件ではキッチンも付いています。基本的には1年以上の契約が必要となりますが、物件によっては1年未満でも借りることができます

1年未満の滞在を考えている場合は、サービスアパートメントも検討することができます。集合アパートの一室を借りるという点ではコンドミニアムと同じですが、部屋の清掃やシーツやタオルの交換などのサービスがあり、ホテルよりも安価という魅力があります。ウィークリーマンションのように1週間単位から借りることができるというメリットもあり、マニラやセブ島など、幾つかの都市を楽しみながら生活をすることも可能です。

一軒家を借りる場合は、高級住宅区域内に借りるケースがほとんどですが、これらの区域は、他の住人や空き巣が入って来ないように、区域全体を塀で囲っており、出入口にはゲートが設けられているなど、厳重な警備が敷かれています。
その厳重さは、ゲートの出入りを逐一チェックし、区域内も定期的に巡回するという徹底ぶりで、現地で暮らす裕福層も数多く生活しています。

また、フィリピンで土地の購入が許されているのは、フィリピン人だけに限られています。フィリピン人に名義を借りて購入することも可能ですが、多くのトラブルの原因ともなっています。外国人が自分名義で購入できるのはコンドミニアムなど、土地の所有権がないものとなりますので、気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセスメニュー