記事公開日:最終更新日:

フィリピン-働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィリピン人の英語講師と生徒

日本人向けの求人でも英語力は必要

フィリピンでは日本人向けの求人が豊富とは言えませんが、他の国と比べると少ないわけでもありません。しかし、現地スタッフはフィリピン語の他に英語を話せることが多いので、日本人に向けた求人でも英語力は必要とされています。企業によって、ビジネスレベルまで求められる場合もあれば、「流暢に話せること」「堪能であること」など基準を曖昧していることもありますが、語学不問の求人は非常に少ないと言えます。

現地法人では、フィリピン語も話せた方が有利ですが、日本人向け求人の大半は日系企業なので、フィリピン語は不問です。募集が多い職種としては、営業やシステムエンジニア、工場の管理スタッフなどが挙げられますが、セブなどのリゾート地では日本人観光客向けのサービス業の募集も稀にあります。また、セブではコールセンター業務で募集をしていることもあり、企業によっては英語力も求められません。いずれにせよ、求人はタイミングによるところが大きいので、気になる方は日頃からフィリピン求人サイトなどを頻繁にチェックしておきましょう。

語学力以外に重視される点

フィリピンに限ったことではなく、アジアに拠点を構える日系企業の多くは、コストを削減するために日本からの駐在員を減らし現地採用に切り替えています。そうすることで、日本の給与体系とは異なる現地独自の給与体系で人材を雇用することができ、海外赴任による手当もカットすることができます。

現地採用者は駐在員より給与が低めに設定されていますが、現地のフィリピン人スタッフよりは優遇されていることが多く、初めから高いポジションに就くことも可能です。しかし、それは日本人であることの信頼度だけではなく、高い経験値が重視されている傾向とも言え、よって面談の際には職務経歴が非常に重要視されます。

20代前半の若年層に関しては、社会経験が少なく職務経験的にも不利になりますが、代わりにやる気や人柄が求められ、場合によっては伸び代を買われて重要なポジションでの採用に至るケースもあるので、あきらめずに問い合わせをしてみましょう。

フィリピン企業の受付

フィリピンの求人の探し方

フィリピンの求人探しは、海外転職を取り扱う日本の転職支援サイトから探す方法か、日系企業の求人を扱う現地の転職サイト(日本語での利用可)を使う方法が一般的です。

また、留学生の多いセブなどでは、海外留学中にインターンを通じて仕事を探すことも可能です。インターン生向けに多い職種は、語学スクールのサポート業務で、留学生からの問い合わせ対応や日本人に向けたweb広告に関する仕事を行います。インターン生は労働時間が短いため、あまり給料は多くなく、20,000ペソ(約44,000円)くらいが主流です。インターンではなく、就職・転職になると職種や役職によって、給料が大きく異なるので、一概に相場は言えませんが、語学スクールのスタッフは60,000ペソ(約132,000円)~のスタートが多いようです。

オススメの転職エージェントは?

実際に利用された方から評判の良い転職サイトを幾つか紹介します。

Job Pot
セブ発世界就職をテーマに、日本人が立ち上げた海外転職サービス。セブを中心にマニラや、その他の都市の求人が揃い、さらにタイやインドネシア、中国など他の国の求人も紹介しています。

Reeracoen Philippines
日系企業の求人情報が多く、給与面でも好条件の案件が豊富です。就業後もサポートを続けてくれるので、安心した転職活動を送ることができます。

フィリピンプライマー
求人情報の中に、採用担当者のメールアドレスも含まれているため、ダイレクトのやり取りが可能です。早期の転職を実現させたい人に向いています。

他にも、フィリピンをはじめとする海外求人を取り扱っているサイトは多数ありますが、非公開求人(web上では公開せず登録をした人のみに提供される求人)もあるので、時間を掛けてじっくりと探してみましょう。

※こちらの記事の日本円の表記は2017年5月のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

アクセスメニュー