フィリピンで働く|海外移住・留学・転勤のサポートサイト

海外移住人気国ランキング
  • 1位 マレーシア移住
  • 2位 タイ移住
  • 3位 フィリピン移住
  • 4位 インドネシア移住
  • 5位 カナダ移住
  • 6位 ハワイ移住(アメリカ移住)
  • 7位 オーストラリア移住
  • 8位 ニュージーランド移住
  • 9位 スペイン移住
  • 10位 シンガポール移住
カテゴリ別移住ランキング
  • 総合ランキング
  • 安さで選ぶ
  • 治安で比べる
  • 定年退職者が選ぶ
  • ビザ取り易さ
  • 気候・風土で選ぶ

イジューの部屋

フィリピン  -働く-

  • 基本情報
  • オススメの理由
  • 天候
  • 文化
  • 治安
  • 医療
  • ビザ
  • 物件
  • 学校
  • 働く
  • 税金
  • 交通
フィリピン人の英語講師と生徒

実は、フィリピンは世界で3番目に英語を使用する人口が多い国です。 そのため、求人の際には日常会話レベル以上の英語力が求められます。もちろん、日系の企業以外の場合は、 タガログ語も話せた方が有利になりますが、ほとんどの場合、日本人を採用している企業は日系の会社なので、タガログ語のレベルは不問です。

募集が多い職種としては、営業や事務、システムエンジニア、カスタマーサービスなどがありますが、セブ島などのリゾート地では、 日本人観光客向けのサービスを提供するホテルなどでの募集もあります。

フィリピンに限ったことではなく、東南アジアに拠点を構える日系会社のほとんどは、コストを削減するために、日本からの駐在員を減らし、 現地採用に切り替えています。そのため、日本の社会保険や給与体系とは異なり、海外赴任による手当もありません。 しかし、一般のフィリピン人のスタッフよりも給与体系が優遇されているケースも多く、同じ現地採用でも給与に差があり、 初めから高いポジションに就くことが可能です。その分、現地採用であっても、日本人には高い経験値が求められており、職務経歴が最も重視されます。

20代前半の若年層に関しては、社会経験が少ないため、やる気や人柄などが求められており、例えTOEICが600点に満たない場合でも、 会社以外のところでも英語は身につく可能性が高いと判断され、採用にいたるケースもあるので、あきらめずに問い合わせをしてみましょう。

フィリピン企業の受付

一年ごとに契約の更新が必要な契約社員の場合もありますが、ほとんどは正社員での採用となります。 どちらの場合もフィリピンの労働法で6ヶ月間の試用期間が認められているため、通常は入社後の6ヶ月間の試用期間を経てから、 正社員や契約社員として雇用契約が結ばれます。 企業や個人の業績によって異なりますが、フィリピン人の場合は4年生大学を卒業した新卒の事務職で約10,000ペソ前後(約19,000円)の初任給となりますが、 日系企業に就労した場合、日本人は優遇される傾向にあるため、約50,000~100,000ペソ(約95,000円~190,000円)が相場です。

ただし、スキルによって大きく異なりますので、目安の金額を下回る場合もあります。賞与は企業の業績や個人の業績によって異なりますが、 ほとんどの企業では12月にクリスマスボーナスとして基本給の1ヶ月分が支給されます。 また、交通機関が発達しているマニラでは、交通費や車の支給はほとんどありません

郊外の勤務地である場合は、日本人の多くがマニラに住んでいることを考慮して、日本人専用のシャトルサービスなどが用意されています。 住宅手当は企業によって別途支給されるか、もしくはコンドミニアムや社宅などが用意されており、金額の一部を会社が負担し、 残りを給料から天引きされる事もあります。

フィリピンには600以上の日系企業があることから、インターネットを利用すれば、日本国内からでも、求人を探すことができます。

※こちらの記事の日本円の表記は当時のレートで参考として表記しています。為替相場によって現在の金額は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

アクセスメニュー