常備薬は日本から|海外移住・留学・転勤のサポートサイト

海外移住人気国ランキング
  • 1位 マレーシア移住
  • 2位 タイ移住
  • 3位 フィリピン移住
  • 4位 インドネシア移住
  • 5位 カナダ移住
  • 6位 ハワイ移住(アメリカ移住)
  • 7位 オーストラリア移住
  • 8位 ニュージーランド移住
  • 9位 スペイン移住
  • 10位 シンガポール移住
カテゴリ別移住ランキング
  • 総合ランキング
  • 安さで選ぶ
  • 治安で比べる
  • 定年退職者が選ぶ
  • ビザ取り易さ
  • 気候・風土で選ぶ

イジューの部屋

常備薬は日本から

風邪薬

海外で生活をするにあたり、不安に感じることの一つが体調を崩した時の対処法ですが、 日本国内で生活をしている時と同じように症状が軽い場合は市販の薬などでおさまる場合があります。

しかし、海外の医薬品と日本の医薬品とでは有効成分に大きな違いがあります。海外では医薬品として認可がおりているものでも、 日本国内では未認可の成分が含まれていることも珍しくはなく、 その効果や刺激が強すぎて、日本人には向かない場合もあります。

特に胃が弱い人などは、薬によって胃の調子を悪くしてしまうこともあるため、 慣れ親しんだ常備薬を日本から持参するようにしましょう。

英語や現地の言語に不安がある人はなおさらです。何が書いてあるのか分からない薬を購入することや、 きちんと聞き取れない説明の上で購入することには抵抗があるでしょう。さらに、日本の薬は日本人の体質に適しているものが多く、 見慣れたパッケージや形態なども、安心感を得られます。

ただし、医薬品や化粧品は一度に持ち込める量に制限がかけられている場合もあり、また、医薬品にも有効期限が設けられているので、 大量には持ち込まずに、日本に帰国したタイミングで追加をしたり、日本にいる家族や知人から送ってもらったり、工夫をした方が良いでしょう。 もちろん、現地で購入した医薬品が一概に日本人に合わないというわけではなく、 持参した日本の医薬品と同様の成分の場合もあります。

海外の薬局

海外で医薬品購入する際には、現地の日本人に聞くなどして、 日本人が実際に服用している薬を購入するようにしましょう。 また、市販の常備薬ではなく、医師から処方されている薬を服用している場合は、あらかじめ医師に、 英文の処方箋を用意してもらうと、現地で薬を処方される際に、非常にスムーズで安心です。

全く同じ薬が処方されるケースはほとんどありませんが、 似たような成分が入っている薬を処方されるため、薬の名前が違っていても、あまり心配する必要はありません。 しかし、日本人向けに開発されている薬ではないので、万が一、処方されている薬が合わずに、副作用を感じた場合や、 効き目が強すぎて胃が痛むような時は、自己判断で薬の服用を中止せずに、医師にその旨を相談してみましょう。